台湾式足裏・足ツボセルフ健康チェック!(ゴルフボールを踏んでみよう!)


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ) です。

裸足で歩くと痛いところがある。
いぼいぼサンダルが履けない。
足が痛くて川原を歩くのが大変。
なんて言う人は、笑い事ではありませんよ。

体に何らかの異常があると
脳から足に信号を発します。
その信号の一つに痛みがあるからです。

今回は実践編として
足裏セルフ健康チェック
についてお話します。

あなた自身の足裏から発せられる
メッセージを実際に確かめてください。
そこで登場するのが”ゴルフボール”。

なぜ・・・・!って

いろんなものを試しましたが、
ゴルフボールをつかうのが
硬さ、大きさがちょうどいいんですよ。

手元にない人は、ゴルフをやっている友人・知人から
借りてもいいですし、ディスカウントストア
や百円ショップに行けば
かなり安価で手に入れることも出来ます。

なお、このゴルフボールを使った足ツボ療法は
本来・椅子に座って行うのがベターなのですが
この段階では取りあえず、痛みを確認するだけなので
椅子に腰掛けたままでも、立ったままおこなっても
かまいません。

ただ、どちらの場合にせよ、床が
フローリングだとボールが滑ってしまったり
立って行った時は足そのものを滑らせてしまう
恐れがありますので、バスタオルを一枚用意してください。

それを床に敷いて、その上で
行うようにすると
やり易いと思います。

大きめな靴下があれば靴下の中に入れて
ゴルフボールをゴロゴロすれば、
転がっていくことはないので、
やりやすいですよ(笑)

では、チェックを開始!!
足の裏に少し圧をかけてボールを転がしてみてください。
足の裏全体を刺激して、極端に痛い部分があれば、
その部分と関連のある器官が
弱っている可能性があります。

 

悪い部分は、とても過敏になっているのです。
誰でもボールの上に立ち上がるほどの
圧をかければ痛いと思いますが、
座っていて、ボールに足を乗せた程度で痛い場合は、
要注意ですよ!!(打撲や筋肉痛は除く)

痛い部分があれば、今後は意識的に
その部分を刺激してください。
五分程度で終わりますから、習慣にしてください。
徐々に効果が出てきますよ。

どこにも痛みが出なかった人も、
寝る前に、全体的に転がすように
刺激してあげれば、血行促進、
疲労回復、リラックス効果も得られ
ぐっすり眠れますよ。

是非、試してみてください。

 

SNSでもご購読できます。