台湾式足裏・足つぼカウンセリング

11月リマイスター学院 「足ツボ勉強会」 ~数秘術占い~


こんにちは。
リマイスター学院長 土田 君枝です。

先日、足ツボのイベントを行ってきました。
リマイスター学院では、卒業してからも
交流会、勉強会、イベントを通じてそれぞれが
スキルアップできるような機会を設けています。

button-only@2x 11月リマイスター学院 「足ツボ勉強会」 ~数秘術占い~スポンサードリンク



11月の勉強会は、
お客さんとのコミュニケーションの一つのツールとして
数秘術占いの先生をお招きして特別講義をしていただきました。

相手を喜ばせる、ワンポイント占い的な感じです。
不思議なもので、占いは効果がありますね~。

「あなたは、8の数字をもっているので、無限の可能性を秘めてますね。」
なんて言われると、本当に上がります。(笑)

もちろん、短時間ですからすべて覚えることはできませんが、
相手との距離を縮めるのに有効ですね。
ワンポイントでもとてもためになりました。

当学院で指導しているフットリーディング技術で
「身体の状態を読みとる」ことでかなり驚かれますが、
それに加え、占いがあると「つかみはOK」です。

最初は、お客様との距離をいかに近くするか?
がとても重要です。

勉強会では、技術的なことのほかに、
施術している中で疑問に感じたことなどを解決していきます。

毎回、ゲストをお呼びして、施術に使えそうな知識を
お伝えしています。

次回は、
12月18日(金)10時~新宿にて
集客について専門家もお招きしています。

無料体験会も同時に行っておりますので、
足ツボにご興味のある方はお気軽にご参加ください。

 

25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院

button-only@2x 11月リマイスター学院 「足ツボ勉強会」 ~数秘術占い~

 
スポンサードリンク


台湾式リフレクソロジスト(足ツボ師)は、「カウンセラー」!?


台湾式リフレクソロジスト(足ツボ)はカウンセラーです!?

こんにちは。
台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

私は、足ツボ師はカウンセラーであるという
考え方を生徒さんに伝えています。
その考え方がないと、プロとしてやっていくは
出来ない。というくらい大切なことだと思っています。

今日は起業・副業を考えている方に
プロとして活躍するために必要な「たった2つの考え方」
をお話しますね。

「私は○○を仕事にしたい」
「○○をやるために起業する」

このように意気揚々と
仕事をスタートさせるものです。

でも、みなさん躓きます。

思ったようにお客さんが集まらない。
好きで始めたことが
お客さんに受け入れられてない。

自分ではいいと思っているものなのに
それほどファンができない。

これは厳しいですよね。

会社に縛られたくないから
好きなことで副業を始めようと思ったのに
その好きなことが受け入れられない。

どうすればいいのかな・・・

相談するにも
どこに相談すればいいのか・・・
そこで
やめてしまうか、それを乗り越えるか
これってちょっとしたことに
気をつけているかの差だけなんです。

それは何かというと
物事の見方なんです。

どの角度から物事を捉えるか?

私の経験から
この辺についてお話させていただきますね。

私は「足底反射療法」を行っています。
20年前は、私たちくらいしか
治療院を構えてやっているところはありませんでした。

今でも「治療院」として構えているところは
それほどありません。

ただ、街を歩けばリラクゼーションの
足ツボ、リラクゼーション、リフレクソロジーが
溢れています。

私たちは、治療を目的に行っていますが
世の中の人たちは、全部一緒だと思っています。
「私たちは他と違うよ」と
思っているだけでは誰にもわかりません。

この中で価格競争に
巻き込まれないようにするためには
まず、自分たちの提供できるメリットは?

どこで勝負できるか?

ここを真剣に考えながら
進めていかないと

いつまでも、周りを気にして
行かないといけなくなります。

足ツボにしても
足が軽くなる、疲れを取る、眠りの改善
内蔵の調整、ストレス解消、腰痛・・・・

など
提供でいるメリットは様々。

私は、「足底反射療法」を
ひとつの問題解決のツールだと思っています。

足ツボをすることが目的ではなく
足つぼというツールを使うことで
お客様の問題解決のお手伝いをしていく。

この視線で私は
足底反射療法を行っています。

現在は私は
カウンセラーとして足底反射療法を行っています。

※ ちなみに私の治療院のホームページです。
http://utsu.hounan.info

だから、
他と一緒に思われることなく
独自のスタンスでライバルを気にすることなく
仕事ができています。

—————————-
Step1 あなたは「何」で副業・起業したいですか?

Step2 その「何」にはあなたが思っている他に
提供できる他の「部分」はありませんか?
—————————-

ここを明確にして
お客様のニーズに合わせるために
視点を変えて調整することが必要です。

この辺を理解すると
起業・副業で苦しくなくなります。
私が教えている生徒さんが
足底反射療法を身に付けて

現在独立している方の
活動がこちらから分かります。

レポートをダウンロードして
あなたの今後の活動の参考にしてください。

全くの素人女性が足ツボを習って
仕事にしてく方法
https://www.asitsubo.com/lp/

台湾式リフレクソロジー「カウンセリングのひとコマ」 


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です

今回は台湾式リフレクソロジー
の施術中に「お疲れ気味の方」
の気持ちを少し楽にさせた お話をします。

「今日はどのツボもけっこう痛いでしょう。
腎臓も肝臓も胃腸もかなり弱っていますよ。
少しお仕事ハードだったのですか?
少しセーブされたらいかがですか?」

私がこういうと、患者さんの中には
こんなため息をつく人がいます。(笑)
「でも、頑張るしかないんですよね・・・・・」
そして、この・・・「頑張るしかない」
の一言で話しがどんどん進展していき
時にはこんな会話になることも。

「でも、これ以上、頑張りつづけると
そのうち身体も心も壊れてしまいますよ。
いまだって身体がこんなに疲れているのに。
内臓がこんなに反応がでているのに・・・・・」
「会社は責任とってくれないよ!」

「そうですね。少し仕事をセーブしょうかなあ。
先生のいう通り、限界まで
頑張らなくてもいいですよね。」
「そう。ほどほどに」

「ほどほどか・・・・・。
その通りかもしれないなあ。
少しくらい手を抜いても、まっ!いいか」
「そう、その”まっ!いいか”が一番大切なのよ」
だからというわけではありませんが、

心の疲れを訴える患者さんに対してよく
たまには、「”まっ!いいか”でもいいんじゃない?」
とアドバイスすることがあります。
その人達の多くは、仕事一つとっても
がむしゃらに頑張りつづけ、一切の手を抜く
ことなく突っ走ろうとします。

でも、身体が不調だと・・・
頑張らなくちゃいけないことは
わかっていても 意欲だって
そんなに湧いて来ません。

だから、思い通りの成果
だって出せません。
すると、気ばかり焦り、
さらに頑張ろうとします。

悪循環ですよね。
結局、この繰り返しで・・・・・
負の連鎖がどんどん拡大していき
心身がますます疲労困憊の
状態に陥ってしまいます。

完璧にできなくたっていい。
それが元でうまくいかなくったていい
頑張り過ぎの人には
「”まっ!いいか”」をたまに言っても
バチは当たらないですよ。と
アドバイスします。

自分を追い立てるものをセーブし
ほんの少しでもいいから
心と身体を休ませてあげませんか。
心と身体が元気になれば・・・
この先、巻き返すチャンスはいくらでも
やってくるのですから。(笑)

ただし、普段からそこそこの人
は「まっ、いいか」は使っては
いけませんよ。(笑)