ガン

肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法


button-only@2x 肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法

肺がんは世界的にみて、致死率の高いガンである。その理由は、発見が遅れるからだという。早期発見すれば、手術や放射線療法で多くは治癒することができる肺がんですが、主な原因はタバコであるといいます。

ここでは、肺がんの情報をお伝えしています。肺がんについての情報を知ることで早期発見につながります。肺がんの原因、予防法、治療法を知り正しく対処してください。

スポンサードリンク


肺がんの治療法

肺がんになると治療法のひとつとして放射線治療で治す方法があります。放射線治療は体に何日か日数をかけて放射線をかけるのですが、人間の体が受けれる放射線の量が決まっていてたくさんの放射線はかけれないようになっています。

ですから、大きい肺がんでしたらその分放射線の量も多く必要なため体に負担がかかってきます。小さい肺がんでしたら少ない放射線でがんの細胞を殺すことができるのです。いずれもがんの細胞分裂が発達しないように止めるための放射線治療ですから小さいがんだと放射線治療も効果が出やすいとされています。

放射線の治療法はがんの初期であれば簡単に治すことが可能になってきてるので早期発見して放射線治療するのがとてもいい方法だと言われています。

また、放射線治療には体の外からかける外照射と体内から放射線をかける体内照射のふたつがあります。さまざまながんの放射線治療で使用されていますが、肺がんの場合は体の外からかける外照射での治療法が一般的に行われている方法です。

気になる放射線での治療時の痛みですが、痛みはなく放射線の治療台に乗って1、2分じっとしていればいいだけです。内蔵も痛くなければ皮膚も痛くないので安心してください。この治療法は多くの病院で平日に毎日行なって治療します。

放射能なども気になるところですが治療に使われている放射線は、家族やその他の周りの方に迷惑がかかったりしないので安心して受けてくださいね。

 

肺がんに効く抗がん剤治療法

肺がんの治療法でよく耳にする抗がん剤ですが、抗がん剤の治療法には副作用がでてすごく苦しい思いをしなければならないときもあります。しかも、抗がん剤が効く肺がん細胞と効かない肺がん細胞があるので抗がん剤だけでがんの克服をすることはできません。

抗がん剤の副作用は正常な細胞までもを壊してしまうから副作用がでてくるようになるのです。がん細胞を殺す薬ですから強力で、他のいい細胞が耐え切れず一緒に殺されてしまうのです。殺されることによって正常に機能しなければならない細胞がいなくなり内蔵が正常に機能しないといった副作用がおこるようになっています。

抗がん剤治療を受け始めて約1週間すると副作用が出てきて吐いてしまったり食欲がなく食べられなくなる方が多くいます。もうしばらくすると血液の中の白血球が少なくなるので体全体の抵抗力がなくなり少しの菌で感染症をおこす可能性もでてきます。便秘や下痢を繰り返したり、倦怠感から抜け出せない、耳鳴りがするようになるなどもあります。

手足の先がしびれたりする感覚や髪の毛がだんだんと抜けてきたり肺がんの抗がん剤の種類によって変わりますが、ほかの内蔵に悪影響がでてくることもあります。

また、抗がん剤はあまり効果がないとされている理由は細胞一つ一つが異なった性格を持っているためにおこる現象なのです。ですから、最初は効果があって細胞が小さくなっていたが途中から抗がん剤が効かなくなったと言うのは細胞の性格が関係しているのです。

肺がんレーザー治療法

肺がん治療法の中でレーザー治療と言うものがあります。レーザー治療はそのままの名前でレーザーでがん細胞を殺すようになります。レーザー治療は光線力学的(PDT)と言われる方法で治療されています。

PDTの治療の仕方はレーザーですが、熱くなく光感受性物質はがん細胞に自然と集まってくるのでそこにレーザーをあてると他の細胞を焼かずにがん細胞だけを消滅させることができるのです。

肺がんと診断されてからレーザー治療を受けることができるのはステージで言うと初期(0期)のみなのです。

ですから少しでも進行してしまうと、このレーザー治療は受けれなくなります。レーザー治療のメリットは痛くなく、外科手術のように傷跡も残らないので簡単に治療することができるのです。PDT以外のレーザー治療でしたら肺門型で病巣を見れる範囲のものでないと治療に使えないのでこの治療法を使って治療される方はごく少人数になっています。

また、1cmほどのがん細胞でしたら9割以上の確率で治るとされています。さらに完治できずに再発したとしても最後には完治できている方がたくさんいます。他の病気と合併して病状が悪化し亡くなるケースは現在一人もいないのです。

PDTで治療できる肺がんはCTなどの写真に写らないくらい見つけにくいので日頃から体調を気にしていて咳がずっと続いていたり血痰が出たりすることによって発見されるのです。病院で痰の検査をすることによって肺がんの細胞がいるかどうかを調べることができます。

スポンサードリンク


肺がんの手術治療法

肺がんと診断されてから手術を受ける方もいますが、手術を受けられるのは決まっているがんの進み方によって変わってきます。肺がんの手術には開胸手術と胸腔鏡手術と言ったっ方法があります。胸腔鏡手術は2、3cmほどの穴を胸に開けて治療する方法です。カメラ付きの胸腔鏡を入れて病巣を切り取る治療法です。傷口も小さく出血も少なく、術後の回復が早いので最近では胸腔鏡手術が普及されるように進んでいるのです。

胸腔鏡手術と違って開胸手術は大きく体に切り目を入れて直接肺を見ながらの治療になります。

大きく切るので出血多量の心配もされています。肺がん初期であるならば肺についている病巣のみを切除し、肺そのものを切り取ることはありません。もちろん初期であり他にがん細胞が転移してない場合です。

もしも、大きくがんが広がっているならば肺葉を切り取ることになります。右上、右下、左上、左下と切り取りますがそれよりも大きながん細胞なら右全部、左全部と言った切除をすることもあります。

術後の回復が少し時間かかってしまいますがすべてのがん細胞を取ることによって再発防止になります。肺がんでも小さな場合と大きな場合の手術方法がかなり違ってくるので、どちらにせよ早期発見ができることが一番です。転移して他の臓器に影響をもたらしていたり全身に転移してしまっているなら手術すら受けることができない状況になってしまうことがありますので日頃から体調に気を使わなくてはいけません。

 

小細胞肺がんの治療法

がん細胞には【小細胞肺がん】と【非小細胞肺がん】というものがあります。

  • 非小細胞肺がん 約9割
  • 小細胞肺がんは 約1割

小細胞はとても早いスピードで細胞分裂し、体全身にがん細胞を行き渡らすようになります。ですから、進行していてから気づく場合がほとんど。気づいたらある程度の部分にまで広がって転移していることが多いガンです。

肺の真ん中にできやすいがんなので胸部のレントゲンで写りにくいのです。肺の真ん中部分にはさまざまな血管や内蔵が集まっているのでどうしても発見されにくくなっています。

小細胞肺がんの治療法

多くの場合は、抗がん剤と放射線治療をします。がん細胞が広がってしまっているときは放射線を使わず抗がん剤のみでの治療法になります。小細胞肺がんでの外科手術することはほとんどありません。

肺がん転移後の治療法

肺がんは他のがんに比べて転移しやすいとされています。

肺がんは初期であれば手術や抗がん剤、レーザーなどの治療法で治していきますが、肺がんが末期の状態になってくるとがん細胞が転移して他の臓器に悪影響を与えていきます。転移してしまったときは手術を受けても他に細胞が残りますから完全に体内から取り除くことができません。

ですから転移してしまった場合は細胞をそれ以上活発に動かさないようにするための治療法が必要になってきます。がん細胞の活発を抑えるための抗がん剤の治療法になります。

肺がんになったときの食事治療法

肺がんになってしまったらまずは抗がん剤やレーザー、放射線と言った治療法をしますが、毎日食べる食事での治療法もあります。肺がんになってしまう原因としては日頃の生活習慣も関係していますから体のエネルギーになる食事を見直すことによって進行を送らせたりすることが可能になる治療法です。

肺がんになってしまったときに食べるといいものはビタミンCです。タバコを吸っている方ならビタミン不足になっているのでビタミンCが多く取れるレモンやピーマン、いちご、みかん、キウイなどのフルーツをたくさん食べてください。他には豆類の大豆、納豆、豆腐、味噌、グリンピースなどは体の中の毒素を出してくれる効果があるので体に毒素を溜め込まないためにも進んで食べるといいでしょう。食事を改善するだけで病気がよくなる場合もあります。

肺がん初期の治療法

肺がんの初期は風邪の症状にも似ています。ですから、風邪が長引いていて治らないから病院で検査したら肺がんだったという方が多くいます。自覚症状がほとんどわからないのが難点ですから日頃の自分の体がどうなっているのか客観的に見ることが大切です。

  • 咳が止まらない
  • 血痰が出る
  • 背中が痛くなる
  • 背中以外にも肩周りが重くなる
  • 肩こりがひどい

このような症状でしたら普段からよくありがちですから気づくのがどうしても遅くなってしまいます。

少しでも体に異変があるならば迷わずに病院で検査することが大事です。

肺がん初期の治療法ですが初期でもがん細胞がある場所によって変わってきます。

だいたいは小さい1cmほどのがんでしたら放射線治療が多く使われています。

放射線治療は治療台に座って1、2分ほどの放射線をかけるだけなので簡単に治療ができます。

放射線の治療法と聞くとどうしても人体に悪影響があるのではないかと心配される方もいますが肺がんの治療法に使われている放射線治療は周りにいる方などにも悪影響がないので安心して治療を受けられます。初期の発見であれば90%の確率で完治してますので早期発見して適切な治療法を医師と相談して早期に克服しましょう。


25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院

button-only@2x 肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法

————–

スポンサードリンク


食道がんの初期症状をチェックして早期発見


button-only@2x 食道がんの初期症状をチェックして早期発見

ガンは生活習慣病での死亡原因の1位になっています。40代になると二人に1人とも言われています。ホントに他人事とはいえない病気になってきました。家族を持っている方にしてみれば、働き盛りの今ガンになるわけには行かない。死ぬわけには行かないという思いもあると思います。

罹患率の高いガンですが、医学の進歩により、早期発見早期治療が出来れば生存率も大分上がってきているようです。初期症状について知識を得ることが重要であるといえます。

一般的に、食道がんは他のがんと比較しても、死亡する確率の高いがんであるといわれております。死亡する確率が高いこの食道がんですが、この食道がんでさえも現在は早い段階での発見、治療ができれば生存率を上げることができています。

ここでは、「食道がん」の初期症状に関する情報をお伝えしますので、正しい知識を身に付けて、初期症状を意識し、カラダの変化に気付けばすぐに受診などの対応することをお勧めします。もちろん、初期症状を感じる時ではなく、定期的に食道がんの検査を受けて、早期発見出来るようにしてください。

スポンサードリンク


食道がんの初期症状②

食道がんは非常に死亡率の高い危険な病気であるため、この病気の初期症状を少しでも感じた場合には、すぐに病院へ行き、検査を受けることが極めて重要です。そして、そのためには、食道がんの初期症状について知っておく必要があります。ここでは、食道がんの初期症状について、詳しく解説をいたしましょう。

食道がんの初期症状には、次のようなものがあります。

  1. のどの違和感
  2. 声がかすれる

一つ目は、食べ物を食べる場合に、食べ物がつかえるような感覚が現れます。食べ物を飲み込む際に、なにか違和感を感じてしまうのです。

二つ目は、声がかすれる、または咳がでるといった症状です。風邪をひいているわけでもないのに、咳や声のかすれといった症状が出た場合には、食道がんの初期症状である可能性がありますので、病院での検査を受けることをおすすめいたします。

しかし、上記の症状が現れた場合には、すでにこのがんが進行している可能性が高いため、これらの症状が現れた段階で治療を始めたとしても、必ずしも生存率が100%であるというわけではありません。これより早い段階で発見することができるのが理想的ですが、食道がんの初期症状は、目立った兆候がほとんどんないといわれているので、非常に困難なのです。

つまり、食道がんの検査をしないと、なかなか早期の段階で発見するのが困難であるということです。したがって、検診などの機会に検査を受けることが、完全に食道がんを治すことができるということができるのです。

食道がんの初期症状を感じた方の体験談紹介

食道がんは死亡率が高い危険な病気のため、如何に早く発見できるかが重要となります。

しかし、完治する可能性が極めて高い段階で症状を認識することは、非常に難しいといわれております。なぜならば、自覚症状がほとんどない段階であるからです。食道がんが進行した場合の初期症状には、食べ物が使える、声がかれるなどの症状があります。

ここで、食道がんの初期症状を感じられた方の体験談をご紹介したいと思います。

ある日、食べ物をいつものように食べようとしたら、少し喉に違和感を感じたとのことです。しかし、そのときには食べるのに大した支障がなかったため、そのまま放置してしまったそうです。数日経過すると、何を食べても、また何と飲んでも、喉で引っかかってしまい、なにも食道から胃に進まなくなってしまったそうです。普段の食事は10分から15分程度で終わるのに、このときは30分以上も悪戦苦闘してしまったといいます。食べるのに支障がでてしまうため、病院に行ってがんの検査を行った結果、食道がんであることが判明したそうです。

少しでも喉に違和感があるという初期症状の段階で病院に行って検査を受けていれば、より食道がんが進行していない状態であり、生存率が高い状態で治療に臨むことができていたかもしれません。食道がんを完全に治療するために大事なことは、初期症状に少しでも心当たりがある場合には、すぐに専門の病院で検査を行うということです。
放っておくと、食道がんはどんどん進行してしまいます。

完治の可能性を少しでも高めるためにも、食道がんの初期症状に関する知識を身に付け、常日頃から気をつけるようにしましょう。

食道がんの初期症状の発見方法①

食道がんの初期症状に少しでも心当たりのある方は、すぐに病院に行って自分が感じている初期症状をしっかり医師に伝えましょう。例えば、食べ物を食べるときに喉に違和感を感じる、喉がしみる、などといったものが食道がんの初期症状にあたります。病院で検査を受け、食道がんであるかどうか診断してもらいましょう。

食道がんの検査方法

  1. 食道造影検査(レントゲン検査)、
  2. 内視鏡検査

 

①食道造影検査(レントゲン検査)

食道造影検査(レントゲン検査)では、まずバリウムを飲みます。そして、バリウムが食道を通過するところを、レントゲンで撮影するという検査方法です。この方法は、痛みを伴わない検査方法であるため、今でも一般的に行われている食道がんの検査方法です。食道造影検査(レントゲン検査)によって、がんの大きさや箇所、また食道内腔の狭さなどを調べることができます。食道がんの初期症状を感じていることを検診の前に医師に伝えておけば、その可能性を考慮して、十分に食道の観察を行ってくれますので、必ず検査前に初期症状を伝えるようにしましょう。

②内視鏡検査

内視鏡検査とは、内視鏡を用いて直接消化管の粘膜を観察する方法です。内視鏡検査の最大のメリットは、①食道造影検査(レントゲン検査)で見つけることのできない食道がんでも発見することができる有用な検査方法であるということです。初期症状が現れていない段階の食道がんでも発見することができる、大変優れた検査方法であります。

 

食道がんの初期症状の発見方法②

食道がんの初期症状(食べ物を食べるときに喉に違和感を感じる、喉がしみる、声がかすれる)を少しでも感じたら、すぐに病院へ行き、医師の診察を受けることが重要です。
自分が感じている食道がんの初期症状を正確に伝えて、適切な検査を受けるようにしましょう。食道がんの検査方法として一般的なものには、内視鏡検査や食道造影検査(レントゲン検査)などがあります。

そのほかにも、症状や症例によって、CT・MRI検査や超音波内視鏡検査といった検査方法があります。ここでは、この2種類の検査方法について、ご紹介します。

○CT・MRI検査

CT検査とは、X線によって体の横断面の画像を撮影する検査方法であり、がんである部位および周囲の臓器について調べるのに適している診断方法であるということができます。

食道がんの初期症状が出ている場合に用いることもある検査方法です。オゾン時の方も多いと思いますが体を輪切りにしたような写真撮影です。これによって、体のすべての部位を調べることができます。進行してしまった食道がんの進行具合を調べるのに重要な検査方法であるといえるでしょう。

MRI検査とは、磁気を用いて画像を撮影する検査方法です。MRI検査はCT検査と同じレベルの診断能力がありますが、CT検査の方が優れているという認識が一般的のようです。

○超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査とは、内視鏡の先端についた超音波装置を用いて、粘膜の下の状態を調べる、食道壁や食道壁外を観察するなど、詳細な情報を得ることができる検査方法のことです。食道がんの進行具合や転移の状況などを詳しく知ることができる検査方法です。

食道がんの初期症状の発見方法③

食道がんの初期症状(食べ物を食べるときに喉に違和感を感じる、喉がしみる、声がかすれる)を感じた場合には、すぐに病院で詳細な検査をして、食道がんであるかどうかを調べる必要があります。

ここでは、食道がんの検査方法である

  • 超音波検査、
  • 腫瘍マーカー、
  • PET検査について説明します。

超音波検査

超音波検査とは、食道がんの主病巣、および気管や甲状腺、頸動脈など周りの臓器を調べることのできる検査方法です。超音波検査は体表から観察するもので、腹部と頸部について検査します。これにより、肝臓や腹部リンパ節への転移がないかどうかを調べることができます。

○腫瘍マーカー

がんには様々な種類がありますが、がんによって産生される物質が異なります。腫瘍マーカーとは、そのようながんに特有な物質のことをいいます。腫瘍マーカーは体液中で測定が可能であるため、大掛かりな検査機器を使わずに調べることができ、また最近は精度も上がっているために早期発見には大変有効な検査法です。

○PET検査

PET検査とは、陽電子放射断層撮影検査のことです。PET検査では、全身の悪性腫瘍細胞を調べることができるため、食道がんでは進行度を診断するために広く用いられています。

食道がんの初期症状と治療方法

食道がんの初期症状を感じて、病院に行き、医師に初期症状を伝えて検査した結果、食道がんであったことが判明したとしましょう。その場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか。食道がんの治療方法には、大きく3つの種類があります。

  • ①外科手術、
  • ②放射線治療、
  • ③抗がん剤治療の3つです。

初期症状であるか、あるいは進行食道がんであるかなどによって、治療方法は異なります。

下記に、3つの治療方法について簡単に説明いたしましょう。

①外科手術

外科手術は、食道がんで用いられる治療の中でもっとも一般的な治療方法です。外科手術では、食道のほかに転移している可能性のあるリンパ節を含む周りの組織を切除します。しかし、食道を切除してしまうと食べ物を通るための管がなくなってしまいますから、外科手術の後に、代わりとなる新しい道を作ります。がんの進行度によって手術術式が異なり、発生部位によって、頸部食道がん、腹部食道がん、胸部食道がんなどがあります。

②放射線治療

放射線治療は手術を伴わないため、患者さんへの負担が比較的軽微な治療方法であるということができます。放射線治療では、高いエネルギーを有するX線などの放射線を当てることによって、がん細胞を殺すという治療方法です。放射線を体の外から照射する場合と中から照射する場合の2つの治療方法があります。

③抗がん剤治療(化学療法)

抗がん剤治療は、がん細胞を殺す役割のある薬を注射するという治療方法です。一般的に、ほかの治療方法と組み合わせて用いられることがほとんどです。手術では取り除くことのできない部位や、放射線を当てることができない箇所などに対して有効である治療方法です。

食道がんの初期症状と予防

食道がんの初期症状は、あまり目立った兆候が現れないため、早期段階での発見が難しい病気であるといわれています。

人間ドックや健康診断での検査において、内視鏡検査で食道がんが判明した場合がありますが、全く症状がなく、食べ物を食べるときに違和感を感じる、声がかすれる、咳が出るなどの初期症状が現れていなかったというケースは、20%以上あるということです。一方で、このがんは生存率の低い、リスクが高い危険な病気であるともいわれています。

食道がんの5年生存率(がんなどの疾患において、手術後あるいは最終診断後から5年経過した時点での生存率)を調べてみると、病気の進行具合にもよりますが、初期の段階であれば5年生存率が50%以上であるのに対し、リンパ節への転移などが認められる場合には5年生存率は30%を下回り、最終ステージでは、10%以下となってしまいます。食道がんの初期症状が顕著なものではなく、早期発見が困難であるのならば、重要なのは食道がんの予防であるということができます。

このがんを予防するのに有効な方法は、原因として考えられているものをやめるということです。すなわち、タバコとお酒をやめるということになります。特に40代、50代の男性は発症する確率が高いとされておりますので、タバコやお酒をたち、食道がんを予防することをおすすめいたします。いきなり、タバコやお酒をやめるのは難しいという場合には、まずは量を減らすことからはじめましょう。

現在では、タバコやお酒をやめるための治療を行ってくれる病院もたくさんあります。

自分の力だけでタバコやお酒をやめるのは困難であるという方は、病院に行って相談し、できるかぎり食道がんの原因となるものをたつようにしましょう。これが食道がんの予防として最も効果的であるでしょう。

食道がんの初期症状と進行食道がん

食道がんの初期症状は、日常生活において支障をきたすようなレベルではありません。

具体的には、食べ物が飲み込みにくい、少しの声がかすれる、咳が出るなどの症状が挙げられます。これらの食道がんの初期症状を放っておいてしまうと、がんはどんどん悪化し、食道以外の臓器に転移していってしまいます。

骨や肺、肝臓、脳など、食道から遠い箇所にも転移をしてしまうのです。ここまで進行してしまった食道がんは、「進行食道がん」と呼ばれます。食道がんが骨に転移したがんを「転移性骨腫瘍」といいます。転移性骨腫瘍では、腰の骨や肩、背中の骨に痛みを感じるようになります。食道がんが肺に転移したがんを「転移性肺がん」といいます。転移性肺がんは、胸に強い痛みを感じる、あるいは背中に痛みを感じる、息苦しくなるなどの症状が現れます。さらに、肝臓に転移した場合、そのがんを「転移性肝がん」と呼びます。

転移性肝がんは、腹水がたまってしまうため、外観は妊婦のようになってしまいます。

転移性肝がんの症状としては、食欲がなくなる、体が終始だるく感じられる、黄疸が出る、背中やお腹、腰に痛みを感じるなどが挙げられます。最後に、脳に転移した場合は、そのがんを「転移性脳腫瘍」といいます。

転移性脳腫瘍の症状は非常に重く、目がかすむ、体がふらふらする、ろれるが回らずうまく話せない、味覚が変化するなどの症状が現れます。これらの転移を防ぐためには、食道がんの初期症状を感じた時点で検査を受け、早期に治療を始めることです。食道がんになりやすい条件が揃っている方は、特に初期症状に注意をするようにしましょう。

食道がんの初期症状の認識が困難な理由

食道がんの初期症状は、食べ物を飲み込んだ時になにか違和感を感じる、喉に痛みを感じる、胸の奥がチクチクと痛むなどですが、早期発見が困難であるといわれているのは、これらの食道がんの初期症状が、頻繁に現れるものではないからです。

食道がんの症状は一時感じられても、少し立つと初期症状がなくなってしまうため、放置することが多くなってしまうのです。

また、初期症状は日常生活において、大きな影響を及ぼすものではありませんから、少し違和感を感じても、病院に行くようなレベルではないと感じてしまう程度の症状なのです。食べ物が飲み込みにくい、などといった初期症状を放置してしまうと、食べ物を飲み込むことができない、あるいは背中に痛みを感じる、声がかすれる、咳が出る、吐血してしまう、食べ物が食べられず体重が減少してしまう、などの症状に悪化してしまいます。

この段階では、日常生活において支障がでてしまうため、病院に行かざるを得ないでしょう。しかし、この段階では、食道がんが悪化し転移している可能性が十分に考えられるため、外科的手術が必須になる可能性があります。一般的に、食道がんになりやすいといわれているのは、40代以上の中高年の方、タバコを吸われる方、お酒をたくさん飲む方、熱いもの・辛いものを好んで食べられる方です。

これらの項目に当てはまる方は、少しでも食道がんの初期症状を感じたら、早めに病院で専門の検査を受けることをおすすめいたします。

 

—————————————————-

25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院button-only@2x 食道がんの初期症状をチェックして早期発見

スポンサードリンク