肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法

肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法

button-only@2x 肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法

肺がんは世界的にみて、致死率の高いガンである。その理由は、発見が遅れるからだという。早期発見すれば、手術や放射線療法で多くは治癒することができる肺がんですが、主な原因はタバコであるといいます。

ここでは、肺がんの情報をお伝えしています。肺がんについての情報を知ることで早期発見につながります。肺がんの原因、予防法、治療法を知り正しく対処してください。

スポンサードリンク


肺がんの治療法

肺がんになると治療法のひとつとして放射線治療で治す方法があります。放射線治療は体に何日か日数をかけて放射線をかけるのですが、人間の体が受けれる放射線の量が決まっていてたくさんの放射線はかけれないようになっています。

ですから、大きい肺がんでしたらその分放射線の量も多く必要なため体に負担がかかってきます。小さい肺がんでしたら少ない放射線でがんの細胞を殺すことができるのです。いずれもがんの細胞分裂が発達しないように止めるための放射線治療ですから小さいがんだと放射線治療も効果が出やすいとされています。

放射線の治療法はがんの初期であれば簡単に治すことが可能になってきてるので早期発見して放射線治療するのがとてもいい方法だと言われています。

また、放射線治療には体の外からかける外照射と体内から放射線をかける体内照射のふたつがあります。さまざまながんの放射線治療で使用されていますが、肺がんの場合は体の外からかける外照射での治療法が一般的に行われている方法です。

気になる放射線での治療時の痛みですが、痛みはなく放射線の治療台に乗って1、2分じっとしていればいいだけです。内蔵も痛くなければ皮膚も痛くないので安心してください。この治療法は多くの病院で平日に毎日行なって治療します。

放射能なども気になるところですが治療に使われている放射線は、家族やその他の周りの方に迷惑がかかったりしないので安心して受けてくださいね。

 

肺がんに効く抗がん剤治療法

肺がんの治療法でよく耳にする抗がん剤ですが、抗がん剤の治療法には副作用がでてすごく苦しい思いをしなければならないときもあります。しかも、抗がん剤が効く肺がん細胞と効かない肺がん細胞があるので抗がん剤だけでがんの克服をすることはできません。

抗がん剤の副作用は正常な細胞までもを壊してしまうから副作用がでてくるようになるのです。がん細胞を殺す薬ですから強力で、他のいい細胞が耐え切れず一緒に殺されてしまうのです。殺されることによって正常に機能しなければならない細胞がいなくなり内蔵が正常に機能しないといった副作用がおこるようになっています。

抗がん剤治療を受け始めて約1週間すると副作用が出てきて吐いてしまったり食欲がなく食べられなくなる方が多くいます。もうしばらくすると血液の中の白血球が少なくなるので体全体の抵抗力がなくなり少しの菌で感染症をおこす可能性もでてきます。便秘や下痢を繰り返したり、倦怠感から抜け出せない、耳鳴りがするようになるなどもあります。

手足の先がしびれたりする感覚や髪の毛がだんだんと抜けてきたり肺がんの抗がん剤の種類によって変わりますが、ほかの内蔵に悪影響がでてくることもあります。

また、抗がん剤はあまり効果がないとされている理由は細胞一つ一つが異なった性格を持っているためにおこる現象なのです。ですから、最初は効果があって細胞が小さくなっていたが途中から抗がん剤が効かなくなったと言うのは細胞の性格が関係しているのです。

肺がんレーザー治療法

肺がん治療法の中でレーザー治療と言うものがあります。レーザー治療はそのままの名前でレーザーでがん細胞を殺すようになります。レーザー治療は光線力学的(PDT)と言われる方法で治療されています。

PDTの治療の仕方はレーザーですが、熱くなく光感受性物質はがん細胞に自然と集まってくるのでそこにレーザーをあてると他の細胞を焼かずにがん細胞だけを消滅させることができるのです。

肺がんと診断されてからレーザー治療を受けることができるのはステージで言うと初期(0期)のみなのです。

ですから少しでも進行してしまうと、このレーザー治療は受けれなくなります。レーザー治療のメリットは痛くなく、外科手術のように傷跡も残らないので簡単に治療することができるのです。PDT以外のレーザー治療でしたら肺門型で病巣を見れる範囲のものでないと治療に使えないのでこの治療法を使って治療される方はごく少人数になっています。

また、1cmほどのがん細胞でしたら9割以上の確率で治るとされています。さらに完治できずに再発したとしても最後には完治できている方がたくさんいます。他の病気と合併して病状が悪化し亡くなるケースは現在一人もいないのです。

PDTで治療できる肺がんはCTなどの写真に写らないくらい見つけにくいので日頃から体調を気にしていて咳がずっと続いていたり血痰が出たりすることによって発見されるのです。病院で痰の検査をすることによって肺がんの細胞がいるかどうかを調べることができます。

スポンサードリンク


肺がんの手術治療法

肺がんと診断されてから手術を受ける方もいますが、手術を受けられるのは決まっているがんの進み方によって変わってきます。肺がんの手術には開胸手術と胸腔鏡手術と言ったっ方法があります。胸腔鏡手術は2、3cmほどの穴を胸に開けて治療する方法です。カメラ付きの胸腔鏡を入れて病巣を切り取る治療法です。傷口も小さく出血も少なく、術後の回復が早いので最近では胸腔鏡手術が普及されるように進んでいるのです。

胸腔鏡手術と違って開胸手術は大きく体に切り目を入れて直接肺を見ながらの治療になります。

大きく切るので出血多量の心配もされています。肺がん初期であるならば肺についている病巣のみを切除し、肺そのものを切り取ることはありません。もちろん初期であり他にがん細胞が転移してない場合です。

もしも、大きくがんが広がっているならば肺葉を切り取ることになります。右上、右下、左上、左下と切り取りますがそれよりも大きながん細胞なら右全部、左全部と言った切除をすることもあります。

術後の回復が少し時間かかってしまいますがすべてのがん細胞を取ることによって再発防止になります。肺がんでも小さな場合と大きな場合の手術方法がかなり違ってくるので、どちらにせよ早期発見ができることが一番です。転移して他の臓器に影響をもたらしていたり全身に転移してしまっているなら手術すら受けることができない状況になってしまうことがありますので日頃から体調に気を使わなくてはいけません。

 

小細胞肺がんの治療法

がん細胞には【小細胞肺がん】と【非小細胞肺がん】というものがあります。

  • 非小細胞肺がん 約9割
  • 小細胞肺がんは 約1割

小細胞はとても早いスピードで細胞分裂し、体全身にがん細胞を行き渡らすようになります。ですから、進行していてから気づく場合がほとんど。気づいたらある程度の部分にまで広がって転移していることが多いガンです。

肺の真ん中にできやすいがんなので胸部のレントゲンで写りにくいのです。肺の真ん中部分にはさまざまな血管や内蔵が集まっているのでどうしても発見されにくくなっています。

小細胞肺がんの治療法

多くの場合は、抗がん剤と放射線治療をします。がん細胞が広がってしまっているときは放射線を使わず抗がん剤のみでの治療法になります。小細胞肺がんでの外科手術することはほとんどありません。

肺がん転移後の治療法

肺がんは他のがんに比べて転移しやすいとされています。

肺がんは初期であれば手術や抗がん剤、レーザーなどの治療法で治していきますが、肺がんが末期の状態になってくるとがん細胞が転移して他の臓器に悪影響を与えていきます。転移してしまったときは手術を受けても他に細胞が残りますから完全に体内から取り除くことができません。

ですから転移してしまった場合は細胞をそれ以上活発に動かさないようにするための治療法が必要になってきます。がん細胞の活発を抑えるための抗がん剤の治療法になります。

肺がんになったときの食事治療法

肺がんになってしまったらまずは抗がん剤やレーザー、放射線と言った治療法をしますが、毎日食べる食事での治療法もあります。肺がんになってしまう原因としては日頃の生活習慣も関係していますから体のエネルギーになる食事を見直すことによって進行を送らせたりすることが可能になる治療法です。

肺がんになってしまったときに食べるといいものはビタミンCです。タバコを吸っている方ならビタミン不足になっているのでビタミンCが多く取れるレモンやピーマン、いちご、みかん、キウイなどのフルーツをたくさん食べてください。他には豆類の大豆、納豆、豆腐、味噌、グリンピースなどは体の中の毒素を出してくれる効果があるので体に毒素を溜め込まないためにも進んで食べるといいでしょう。食事を改善するだけで病気がよくなる場合もあります。

肺がん初期の治療法

肺がんの初期は風邪の症状にも似ています。ですから、風邪が長引いていて治らないから病院で検査したら肺がんだったという方が多くいます。自覚症状がほとんどわからないのが難点ですから日頃の自分の体がどうなっているのか客観的に見ることが大切です。

  • 咳が止まらない
  • 血痰が出る
  • 背中が痛くなる
  • 背中以外にも肩周りが重くなる
  • 肩こりがひどい

このような症状でしたら普段からよくありがちですから気づくのがどうしても遅くなってしまいます。

少しでも体に異変があるならば迷わずに病院で検査することが大事です。

肺がん初期の治療法ですが初期でもがん細胞がある場所によって変わってきます。

だいたいは小さい1cmほどのがんでしたら放射線治療が多く使われています。

放射線治療は治療台に座って1、2分ほどの放射線をかけるだけなので簡単に治療ができます。

放射線の治療法と聞くとどうしても人体に悪影響があるのではないかと心配される方もいますが肺がんの治療法に使われている放射線治療は周りにいる方などにも悪影響がないので安心して治療を受けられます。初期の発見であれば90%の確率で完治してますので早期発見して適切な治療法を医師と相談して早期に克服しましょう。


25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院

button-only@2x 肺がん治療法のガイドライン!肺がんのための放射線治療法

————–

スポンサードリンク


ガンカテゴリの最新記事