台湾式足裏・足つぼとの出会い1

「台湾式足ツボ」セラピストになって学んだこと


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
「足つぼの奥義」土田君枝です。

今から20年前、まさか自分が今セラピストとして
仕事をさせていただいているなんて、
全く想像できませんでした。

当時は、子育て・家事に追われ、体も心も
本当にしんどかったのを覚えています。

年は、とりましたが(あたりまえですね。)今が
一番楽しい。充実してるって思えるのは、
やっぱりセラピストとして仕事ができているからなんだと
つくづく感じています。

本当に、足ツボとそして師匠との出逢いに感謝ですね。
師匠は、台湾修行を重ね、技術を習得した大ベテランです。

当時は、当然なんの知識もなく、私に習得できるかどうかも
わかりませんでしたし、まして仕事になるなんて思ってもいません
でした。

何事も「継続は力なり」ですね。

セラピストになったことで色々な方と出会うことができました。
施術中は、1対1で向き合うわけですから、
毎回真剣勝負でした。

この方の悩みをどうしたら解決できるだろうか?
どうやったら楽にしてあげることができるだろうか?
と考えながら仕事をしていくといつの間にか、
自分が成長させて頂いているんだなと感じました。

相手の深層を探るべく、いろんなお話を聞きだすのですが、
お勉強が好きではなかった私には、ついて行けない話も
多々ありました。(笑)が、

いつの間にか、本を読んだり、音楽を聴いたり、演劇を観にいったり
経済やビジネスの勉強をしたりと自然にするようになりました。

もちろん深い話はできませんが、会話が成立するように
がんばっています。
なぜなら、
相手は、自分の話に興味をもってくれないと、なかなか
心を開いてくれないと感じたからです。

心のこもった施術を通して、相手が心身ともに
健康で充実した日々を送れるよう全力で
お手伝いをする。
そのためにも日々努力しないといけない。

また、そのために、自分も「元気で楽しい人生を送る。」
そう、決めてからは、施術の効果もあがったような
気がします。

そして、多くの方に支持され、喜んでもらうたびに
身が引きしまり、常にこの気持ちを忘れないように
と自分に言い聞かせています。

学院の生徒さんにも、技術だけでなく、
相手の悩み、痛みを和らげるための施術に
一番必要なこととしてこのような話をさせて
頂いています。

本当は、自分にいっているんだと思います。(笑)

 

足ツボとの出会いで運命が変わる?足つぼセラピストになるまで 1


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

人生の中で、 振り返ってみると
あそこがターニングポイントだった?
という時がみなさんもありますよね?

人との出会い、別れ、
大きな環境の変化などなど・・・

今回は、私の足ツボとの出会いについて
お話しします。

私の場合、
当時住んでいた家の近くに整骨院が
オープンする知らせを
人づてに聞いた事から始まりました。

「腰も痛いし、身体もだるい、頭も痛い、眠れない・・・」
試しに、という軽い気持で足を運んだのです。
最初は電気をかけてもらったり、マッサージを
してもらったりしていたのです。が、

何回目かの治療の最中、先生から・・・
こんな一言をかけらいました。
「試しに、足ツボのマッサージもしてみましょうか?」
そうとうしんどく見えたのでしょうね。(笑)

「何ですか、足ツボって?」
「足裏には内臓などにつながっているツボ
があって、そこを押すと、もの凄くラクになるんです。」

「本当ですか?」

「ええ。じゃあ、やってみたいです。」
それが、その後の私の人生、
運命を大きく変えるとは、そのときは
全く思いもよりませんでした。(笑)

その時の先生が、
日本で初めて足ツボ専門治療院を作った先生で、
台湾に何度も修行に行って
技術を習得した方だったのです。

なんとなく「すごい!」(笑)って思ってましたが、
びっくりしたのは・・・・
その翌朝!!
「自分の体じゃない?みたいに体がとても軽い!」
足ツボの効果ってすごい!と実感した瞬間でした。

その時は本当に驚きました。(汗)
その後も続けて足ツボ療法をやってもらったのが
良かったのでしょう。

身体がものすごくラクになり、
心にあったモヤモヤみたいなものも
解消され、以前とは比べ物にならないくらい
物事を明るくポジティブに考える事が
出来るようになりました。(笑)

心と体は別々ではないので、
体の疲れがピークになると
ポジティブに考えることなんてできませんね?

逆に、体が元気でエネルギーが
高い状態であればネガティブに
なることのほうが難しいですね?(笑)

「こんな気分になれたのは久ぶりかもしれない。
今までふさぎこんでいた自分がウソみたい。
私、どうしちゃったんだろう!」

当時、そう思えたのは、
体が元気になってきた証拠だと実感しました。
そして、いろいろと考えるうちに、
これは間違いなく、足ツボ療法のお陰だ、と思えてきて、
足ツボにだんだん興味を持つことになりました。(笑)

足ツボ療法の技術をマスターしてみたい!
足ツボが人生を変えてくれるかもしれない!
なんて・・・そんな大げさだったかどうか忘れましたが、(笑)
そんな期待感みたいなものが芽生えつつ
あったことを覚えています。
こうして、私は足ツボ療法のセラピストに
なるための第一歩をふみだしたのです!(笑)

つづく・・・