痛い

台湾式リフレクソロジーの刺激で「身体は回復する!!」


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

普段忙しくて運動もできない。
カラダの手入れもなかなかできない。

でも、
カラダは心配だから
健康な体にしていきたいなと
あなたも思っているのではないでしょうか?
「ホントだよな。
やらないといけないよな。

でも時間無いしなぁ・・・」
そんなあなたに
今日はこんな方法をお伝えします。

「面倒くさがりで、
いつも先延ばしにしてしまう人でも
簡単にできる内臓が元気になり
体調がよくなる方法をお伝えします。」
先日、
足裏が痛くなる、よくつるという方がいたので、
この方法を教えてお勧めしたところ、
気持ちよさにはまり日課になったようです。

三週間くらい続けたころに
こんなことを言われました。

“いつもゆるかったお腹が治った。”
“頭痛がしなくなった。”
“夜寝つきがよくなった。”

「足の刺激でこんなことってあります?」
足ツボの知識が全くなかった方でしたので、
その方にしたら不思議に感じたのでしょうが

私からすると当たり前です。
全く驚くことではありません。
足裏のツボを刺激すると
その刺激が身体の各部位に伝わり

機能が低下した内臓や
器官の活性化を促してくれるんです。
この方は、
足の裏の疲れが気になり
疲れを取るつもりで気持ちいいから
少し痛いくらい毎日刺激していたそうなんですが

足裏で感じる気持ちよさを頼りに
機能が低下しているポイントもしっかり
刺激出来ていたのでしょう。

結果的に、
身体の調子も良くなり、
元気になったというわけです。

忙しくて体を動かす機会のない方でも
健康になりたいですよね?

趣味ならやってもやらなくても
誰にも迷惑かからないですけど

健康に関することは
家族に心配かけてしまいます。
簡単に出来るものですから始めてみてください。
今回は、
特に症状に対する健康法ではないので
ホントにシンプルな方法です。

どこを刺激するかというポイントも
気にしなくて結構です。
Step1
ゴルフボールを用意する

Step2
ゴルフボールの上に足を乗せる。
※フローリングの場合は
ボールが滑りすぎないように下にタオルを引く。

Step3
足裏でゴロゴロする
気持ちいい所、いた気持ちいい所があったら
その部分を重点的に刺激する。
たったこれだけです。
これだけで、
内臓の疲れが取れ元気になり
体調もグングン良くなります。

まず、
よく眠れるようになるのがわかります。

この方法なら
テレビを見ながら、PCでネットサーフィンしながら
いつでもできます。

というわけで
スグにゴルフボールを調達して下さい。

あなたが持っていなければ
ゴルフ好きの友達から分けてもらってください。

ゴルフをやる友達がいなければ、
今は100円均一などでもおいてあると思います。
踏むだけですから高いものはいりません。

そして、
これからの自分の健康をイメージして
ボールを転がし始めて下さい。

効果には個人差があり
一回でよくなる方もいますが

一回ではすぐに効果を感じることが
できない方もいると思いますが、

毎日、コツコツ続けていけば必ず効果を
実感できるでしょう。

スグに始めて下さい。

台湾式リフレクソロジーで「生理の痛みが瞬時に消える!?」


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

今日は
クスリを使わずに
“生理痛が瞬時に消える”方法お伝えします。
生理痛がひどくすぎて
仕事にも影響が出てしまうくらいの
女性のお話です。

「本当につらい。
なんで私だけこんなにつらいの?」

激痛に耐えかねて
私の所に通う患者さんの紹介で
いらっしゃいました。

でも
この方に施術したのはたった2回。

それで彼女にとっては
人生が変わるくらいのカラダの変化が出ました。

もしあなたも同じような悩みをお持ちなら
今日の記事を読んで実行すれば

「あぁ・・またイライラしているよ」
なんて周りに言われなくて済みます。

それでは、
この方に施術したポイントを紹介していきますね。

 

その前にこの患者さんの
いらした時の状況はというと・・

生理が始まると、
おなかや腰がものすごく痛くなるということでした。

市販の生理痛緩和薬を
服用しているものの効果はサッパリです。
だから、
仕事も満足に手につかない。

パソコンの画面に向かっても
集中力に欠けミスの連発

もう、
デスクに座っているのがやっと。

 
そんなときに会議があろうものなら
もう地獄・・・!

「ああ・・・、
何で私だけ
こんなに生理がひどいのかしら・・・」
こう嘆く彼女に
まずは様子を見ながらツボを刺激。

「イタタタッ・・」

軽くさすった程度でした。

相当内分泌系の機能が落ちているんですね。

 
続けて別のツボをもう少しやわらかい刺激で。

「だ、大丈夫です。」

最初は恐々受けている感じでしたが、
次第に足の刺激も心地よくなってきたのか
だいぶリラックスしている様子でした。

30分ほど施術するころには
治療室に来たときはあんなに
痛がっていた生理痛も嘘のように消えていました。
(整理が始まって2日目=痛みのピーク)
その効果は
翌日も翌々日も続いたということです。

ちなみに冒頭でも言ったように
私が彼女に行った治療はたった2回。

この時と
翌月の生理がきたときの2回のみ!!

あとは
後述するゴルフボールを使って

生理痛に効くツボを
生理がくるたびに刺激するように教えました。

すると・・・!

今では痛みが激減し、仕事でも日常でも
全く支障が無くなったという事です。

あなたも同じような悩みがあるのでしたら
次のステップで進めてみてください。

Step1
ゴルフボールを用意する。

Step2
この記事の画像を見て、ツボのポイントを確認する。
実際に押して感触を確認する。

Step3
ポイントにボールを当てて
さするように刺激。

1分~2分程度。続ける。
たった
これだけです。
彼女はこれを続け
市販の生理痛緩和薬を
服用することもなくなりました。
生理痛や生理不順でお悩みの方は
是非試してみてください。

台湾式足裏・足ツボセルフ健康チェック!(ゴルフボールを踏んでみよう!)


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ) です。

裸足で歩くと痛いところがある。
いぼいぼサンダルが履けない。
足が痛くて川原を歩くのが大変。
なんて言う人は、笑い事ではありませんよ。

体に何らかの異常があると
脳から足に信号を発します。
その信号の一つに痛みがあるからです。

今回は実践編として
足裏セルフ健康チェック
についてお話します。

あなた自身の足裏から発せられる
メッセージを実際に確かめてください。
そこで登場するのが”ゴルフボール”。

なぜ・・・・!って

いろんなものを試しましたが、
ゴルフボールをつかうのが
硬さ、大きさがちょうどいいんですよ。

手元にない人は、ゴルフをやっている友人・知人から
借りてもいいですし、ディスカウントストア
や百円ショップに行けば
かなり安価で手に入れることも出来ます。

なお、このゴルフボールを使った足ツボ療法は
本来・椅子に座って行うのがベターなのですが
この段階では取りあえず、痛みを確認するだけなので
椅子に腰掛けたままでも、立ったままおこなっても
かまいません。

ただ、どちらの場合にせよ、床が
フローリングだとボールが滑ってしまったり
立って行った時は足そのものを滑らせてしまう
恐れがありますので、バスタオルを一枚用意してください。

それを床に敷いて、その上で
行うようにすると
やり易いと思います。

大きめな靴下があれば靴下の中に入れて
ゴルフボールをゴロゴロすれば、
転がっていくことはないので、
やりやすいですよ(笑)

では、チェックを開始!!
足の裏に少し圧をかけてボールを転がしてみてください。
足の裏全体を刺激して、極端に痛い部分があれば、
その部分と関連のある器官が
弱っている可能性があります。

 

悪い部分は、とても過敏になっているのです。
誰でもボールの上に立ち上がるほどの
圧をかければ痛いと思いますが、
座っていて、ボールに足を乗せた程度で痛い場合は、
要注意ですよ!!(打撲や筋肉痛は除く)

痛い部分があれば、今後は意識的に
その部分を刺激してください。
五分程度で終わりますから、習慣にしてください。
徐々に効果が出てきますよ。

どこにも痛みが出なかった人も、
寝る前に、全体的に転がすように
刺激してあげれば、血行促進、
疲労回復、リラックス効果も得られ
ぐっすり眠れますよ。

是非、試してみてください。

 

台湾式リフレクソロジー(足ツボ)は誤解されている!?痛いだけではない!


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義” 土田君枝(つちだきみえ)です。
今回は「足ツボは誤解されている」
についてお話します。

本当は、治療法として
とても優れているんですが、

テレビでの罰ゲームの
イメージが強すぎて(悲)
残念ながら、ただ痛いだけ的な感じに
とらえている方も多い気がします。

button-only@2x 台湾式リフレクソロジー(足ツボ)は誤解されている!?痛いだけではない!

足ツボがマイナスイメージを
もたれる要因は他にもあります。

たとえば、香港やタイやマレーシア
といった東南アジアへ旅行に行った時、
観光客が良く訪れる足ツボ専門店がそう!

私も東南アジアに行った時
体験した事があるのですが
はっきり言ってクビをかしげざる
をえないことが多々ありました。

私が行った所は、観光客が
良く訪れる足ツボ専門店でしたが、
驚くことに・・・・・
両足を違う人が同時に施術(笑)

なによりも問題なのは、
観光客はいわゆる一見さんのため
一人一回こっきりの
作業を機械的・事務的ににこなしている事

要するに、施術前・施術後の状態、
経過といったものを
施術する側がキチンと
把握していないのです。

しかも、言葉の壁だってあります。
「あっ、痛い」
といえば・・・・
「あなた、腰、悪いね」
「オナカ、悪いね」でおしまい。(笑)

「頭、悪いね」なんて言われる事も・・・!(はあ?)
これでは誰だって
うさん臭く感じるに決まってますよね。

いくら観光地の足ツボといっても、
効果を実感してもらえるような
そんなサービスを
お願いしたいですね。