肝臓病

台湾式リフレクソロジーで 「2週間で肝機能の数値改善!?」


あなたは
健康診断の数値大丈夫ですか?

健康診断が近づくたびに
ドキドキしたりしていませんか?

30代40代は
生活習慣病のリスクがドンドン高まります。

生活習慣病ですから
習慣を変えればいいんですが

生活サイクルを変えるって
なかなか大変ですから、
「まぁ、いいか・・」となりがちですが

その健康診断の数値が
もし、仕事に影響するとしたら
そんなこと言ってられないと思いませんか?

ちょうど、そんな患者さんが
先日来院したんです。

30代なかばの男性です。
この男性はちょっとメタボ気味。

毎晩、かなりの量のお酒を
飲むという事です。

その影響によるものなのでしょう、
健康診断を行ったところ
血液検査でひっかかりました。

肝臓の数値に問題があったようです。

こういう場合
お酒をひかえれば、
日グスリが解決してくれるものですが

この男性の場合、
理由があって悠長なことは言って
られませんでした。

というのも
健康診断は、実はある会社に転職するために
絶対クリアしないといけないものだったからです。

2週間後に、もう一度再検査を行うんですが
そこで問題があったら、採用を取り消されてしまいます。

「もう、前の会社を辞めちゃっているし
ここで採用を取り消されでもしたら
完全に失業状態。

後がないんです。
先生、お願いします。
なんとかしてください?」

こう泣きつかれても・・・
「じゃぁ約束してください。」
「検査まで2週間お酒飲まないようにしてくださいね」

「わかりました。お願いします。」

こんな感じで
週に2回のペースで肝機能を回復させる
ポイントを中心に足ツボ療法を行いました。

 

そして2週間後

 

 

「先生!!ありがとうございました!!!」

「再検査では、肝臓、全く問題なしでした。
再就職も問題なしです!!!」
2週間たってから受けた検査の後に
うれしい報告をいただきました。

肝臓の機能が正常に戻ったようです。
肝機能を改善させたかった
この男性に施術したポイントはこちら

button-only@2x 台湾式リフレクソロジーで 「2週間で肝機能の数値改善!?」

台湾式リフレクソロジー(足ツボ)は誤解されている!?痛いだけではない!


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義” 土田君枝(つちだきみえ)です。
今回は「足ツボは誤解されている」
についてお話します。

本当は、治療法として
とても優れているんですが、

テレビでの罰ゲームの
イメージが強すぎて(悲)
残念ながら、ただ痛いだけ的な感じに
とらえている方も多い気がします。

button-only@2x 台湾式リフレクソロジー(足ツボ)は誤解されている!?痛いだけではない!

足ツボがマイナスイメージを
もたれる要因は他にもあります。

たとえば、香港やタイやマレーシア
といった東南アジアへ旅行に行った時、
観光客が良く訪れる足ツボ専門店がそう!

私も東南アジアに行った時
体験した事があるのですが
はっきり言ってクビをかしげざる
をえないことが多々ありました。

私が行った所は、観光客が
良く訪れる足ツボ専門店でしたが、
驚くことに・・・・・
両足を違う人が同時に施術(笑)

なによりも問題なのは、
観光客はいわゆる一見さんのため
一人一回こっきりの
作業を機械的・事務的ににこなしている事

要するに、施術前・施術後の状態、
経過といったものを
施術する側がキチンと
把握していないのです。

しかも、言葉の壁だってあります。
「あっ、痛い」
といえば・・・・
「あなた、腰、悪いね」
「オナカ、悪いね」でおしまい。(笑)

「頭、悪いね」なんて言われる事も・・・!(はあ?)
これでは誰だって
うさん臭く感じるに決まってますよね。

いくら観光地の足ツボといっても、
効果を実感してもらえるような
そんなサービスを
お願いしたいですね。

 

台湾式リフレクソロジー・台湾式足裏・足つぼセラピスト (プロフィール)


台湾式足裏・足つぼセラピスト・足裏反射療法師
フットリーデングセラピスト・リマイスター学院
学院長 土田 君枝(つちだ きみえ)です。

主な著書に
「心の疲れは足ツボで治る」
(サンマーク出版)

「ゴルフボールを踏むだけ 足ツボ健康法」
(中経出版)等があります。

現在は、一つの大きな問題になっている
主に、「うつ病」を対象として施術しています。

長年の治療経験を元に、
薬に頼らず足つぼを刺激することで
誰もがうつ病を
克服できる
「足つぼ」と「カンセリング」
を組み合わせた治療をしております。

このノウハウをリマイスター学院長として
セラピストの育成にも活かしております。

・1960年,曹洞宗(禅宗)のお寺の長女として生まれる。

長女と言っても一人娘親にしてみれば、
いずれは婿さんを迎え、
後を継いでもらうつもりでいたらしいのですが
中学生の時なんと両親が離婚。

母との二人暮らしを余儀なくされました。

そういう事もあって
高校生になると・・・
早く結婚して温かな家庭を築く事を
何よりも強く願う様になり、

21歳で・・・
若くして二児の母になったのでした。
波乱万丈だった私の青春時代

私が足つぼ療法のセラピストになってから
早いもので18年が経とうとしています。

その間、 延べ3万人以上
の人達を観て来ましたが、

その中には 心身ともに
すっかり元気になっただけではなく

足つぼに魅了されたのか
 「自分も足つぼ療法のセラピストになりたい」
と言って来る人もたくさんいました。

中には
「老後の生きがいにしたい。あんたの弟子にしてくれ」
85歳のおじいちゃんまで。

でも、 その人達の気持ちよく分かります。
なぜって・・・
私がまさにそうだったから。
かっての私は受難つづで身も心もボロボロ。

そんな時に
足つぼ療法と出会いその効果を体感。
この素晴らしさを
大勢の人に知ってもらいたい。

そして・・・
それによって苦しみやつらさから
一日も早く抜け出してもらいたい。

そんな思い出 足つぼ療法の
セラピストを志するようになったのです。

・35歳でリマイスター総本店の治療室の室長を任される。

一時期は
テレビのバラエティー番組に
足つぼ療法師として出演依頼が
多くありました。

少しでも足つぼ普及役立つならと思い
何度か出演しました。
しかし、
罰ゲームとしてタレントを
痛がらせるだけの扱いに落胆し、

正しい足つぼ療法の普及を心に誓う。

近年は、多数のうつ病患者を
完治させた実績から、
「うつ病は足つぼで治る」
看板に掲げるようになる。

一人でも多くの方がこころもからだもすこやかに
  愛に満ち喜びを感じられる世界を
 フットリーディングを通じて創造します。

現在は、
毎朝片道
40分をウォーキングで通勤が日課。
プライベートでは
4人の孫を持つスーパーおばあちゃんです。(自称)

台湾式リフレクソロジー・台湾式足裏・足つぼの効果3 【血液循環の促進】


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

健康の基本は、血液の流れをよくすること。
いい栄養を身体全身に送って、
いらないものを運び去る。という
重要な役割をする血行。

お風呂に入ってよく温める。
適度に運動をする。などは、
代表的なもので、みなさん日々無意識に
やっていますよね?

今回はその血液循環について
お話しします。

足は第二の心臓です・・・・・・!!
とよく耳にします。

これは、心臓から全身に送られた血液を
足の圧迫やふくらはぎの筋肉の収縮
によって(ポンプ作用)心臓に戻される
働きがあるからです。

足は最も心臓から遠いため
血流が悪くなりやすい。

人間は立位で生活する以上、
全水分量の約60%が下半身に
集中するといわれています。

ですから足の血液循環を良くすることで
全身の血液の流れを円滑にすることが
できるのです。

心臓からは、全身に向かって血液が
送り出されます(ポンプ作用)

button-only@2x 台湾式リフレクソロジー・台湾式足裏・足つぼの効果3 【血液循環の促進】

しかし何分心臓は身体に比較して
あれだけの大きさしかありませんので
心臓から離れた足等の血液が
乏しくなりやすいのです。

実は血液の回収は末梢の筋肉の収縮に
よって行われます。

末梢部(心臓から遠い部分)の
静脈(帰りの血管)
には弁が付いていて
逆流を防いでいます。

筋肉に収縮や一定の圧がかかると・・・
静脈中の血液は心臓に
向かうようになっているのです。

また、体内において新陳代謝、
ガス交換、ホルモン部質の伝達等
生きていく上で必要な働きを
血液循環が担っています。

ですから・・・
血液の循環さえ良ければ
ほとんどの病気に抵抗が
できるということです。

いかに、血液循環が大切かを
お分かり頂けたかと
思います!

足の裏やふくらはぎは、ストレッチや
マッサージなどで、常にやわらかくし、

ポンプの働き(心臓に戻す力)
が良くなるように
心がけてください!