うつ病

台湾式リフレクソロジスト(足ツボ師)は、「カウンセラー」!?


台湾式リフレクソロジスト(足ツボ)はカウンセラーです!?

こんにちは。
台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

私は、足ツボ師はカウンセラーであるという
考え方を生徒さんに伝えています。
その考え方がないと、プロとしてやっていくは
出来ない。というくらい大切なことだと思っています。

今日は起業・副業を考えている方に
プロとして活躍するために必要な「たった2つの考え方」
をお話しますね。

「私は○○を仕事にしたい」
「○○をやるために起業する」

このように意気揚々と
仕事をスタートさせるものです。

でも、みなさん躓きます。

思ったようにお客さんが集まらない。
好きで始めたことが
お客さんに受け入れられてない。

自分ではいいと思っているものなのに
それほどファンができない。

これは厳しいですよね。

会社に縛られたくないから
好きなことで副業を始めようと思ったのに
その好きなことが受け入れられない。

どうすればいいのかな・・・

相談するにも
どこに相談すればいいのか・・・
そこで
やめてしまうか、それを乗り越えるか
これってちょっとしたことに
気をつけているかの差だけなんです。

それは何かというと
物事の見方なんです。

どの角度から物事を捉えるか?

私の経験から
この辺についてお話させていただきますね。

私は「足底反射療法」を行っています。
20年前は、私たちくらいしか
治療院を構えてやっているところはありませんでした。

今でも「治療院」として構えているところは
それほどありません。

ただ、街を歩けばリラクゼーションの
足ツボ、リラクゼーション、リフレクソロジーが
溢れています。

私たちは、治療を目的に行っていますが
世の中の人たちは、全部一緒だと思っています。
「私たちは他と違うよ」と
思っているだけでは誰にもわかりません。

この中で価格競争に
巻き込まれないようにするためには
まず、自分たちの提供できるメリットは?

どこで勝負できるか?

ここを真剣に考えながら
進めていかないと

いつまでも、周りを気にして
行かないといけなくなります。

足ツボにしても
足が軽くなる、疲れを取る、眠りの改善
内蔵の調整、ストレス解消、腰痛・・・・

など
提供でいるメリットは様々。

私は、「足底反射療法」を
ひとつの問題解決のツールだと思っています。

足ツボをすることが目的ではなく
足つぼというツールを使うことで
お客様の問題解決のお手伝いをしていく。

この視線で私は
足底反射療法を行っています。

現在は私は
カウンセラーとして足底反射療法を行っています。

※ ちなみに私の治療院のホームページです。
http://utsu.hounan.info

だから、
他と一緒に思われることなく
独自のスタンスでライバルを気にすることなく
仕事ができています。

—————————-
Step1 あなたは「何」で副業・起業したいですか?

Step2 その「何」にはあなたが思っている他に
提供できる他の「部分」はありませんか?
—————————-

ここを明確にして
お客様のニーズに合わせるために
視点を変えて調整することが必要です。

この辺を理解すると
起業・副業で苦しくなくなります。
私が教えている生徒さんが
足底反射療法を身に付けて

現在独立している方の
活動がこちらから分かります。

レポートをダウンロードして
あなたの今後の活動の参考にしてください。

全くの素人女性が足ツボを習って
仕事にしてく方法
https://www.asitsubo.com/lp/

薬に依存するより、まずはゴルフボールを踏もう!!


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
足つぼの奥義     土田君枝です。

先日、知人が胃が痛いから、誰か薬持ってない?
すると、その友人が「あるある。」って。

「はあ??」
信じられませんが、薬の貸し借りを平気でしているんですね。
これ、結構よくあるらしいんです。

でも、考えてみてください。
何で、処方箋がないと薬が買えないか。
睡眠薬や向精神薬が、闇で売られているか?

医者が簡単には出したくないほど、強いし、
副作用のリスクもあるからなんですよね。

中には、寝れないから薬ある?って。
昔は、睡眠薬が闇で一錠5000円とか1万円で
売っているって言う噂話を聞いたことがありますが、

そういう薬を毎日2錠も3錠も飲んでいるという
患者さんの話を聞くと、ぞっとします。
「身体壊れますよ」と心配になります。

日本人ほど、簡単に薬を飲む民族はいないそうです
薬を出さないと、医者が儲からないという背景が
あるからなのかも知れません。

冒頭の胃が痛かった知人に、薬飲む前に、
だまされたと思って、薬飲む前に、足裏押してみて!
って言って3~4分刺激したら、胃の痛みがかなり和らぎ
驚いていました。

「薬は、その後でいいのよ。」
足ツボの効果を実感してもらいました。

西洋医学の祖と呼ばれる古代ギリシャの
医者ヒポクラテスは次のような言葉を残しました。

「病は自然に治癒す。医はこれを助くるものなり」
私たち人間の身体には、本来素晴らしい
自然治癒力がそなわっている。

病気にかかったり負傷したときに、
医師が治療するのは、この自然治癒力を
最大限に引き出すためである。

意訳すればこういう意味になるのですが、
現代人はどうかといえば、
これと逆行しているような気がしてなりません。
具合が悪くなると、すぐに薬に頼ろうとする。

持病があっても薬があれば安心と考え、
薬を切らすと不安になる。

誤解がないようにいっておきますが、私は何も西洋医学、
薬を頭から否定しているわけではありません。
実際に、私もお世話になります。

薬は薬なりに効用があって、
ウイルスに感染したときや重い病気にかかったときなどは
医師の指示を的確に守り、服用するべきでしょう。

しかし、むやみに薬に頼ろうとする
他力本願的な考えでは、自然治癒力が
なかなか高まらないどころか、逆に低下します。

仮によくなったとしても、
再び同じ症状を起こしかねない可能性もあります。

風邪を引いたときなども、ウィルスをやっつける為に
熱が出ているのに、急に下げようと薬を飲みます。
昔からそのリスクを知っているいい先生は、
徐々に下げるような薬を処方するのです。

急に熱を下げると、自分で熱を上げる機能が徐々に
低下していきます。
体温が極端に低い人は、薬を多く飲む傾向があり、
風邪などの治りも悪いように感じます。

眠れない方も同様です。
眠れない=睡眠薬 と安易に考えるのは危険です。

眠れないというのは、自律神経等の問題もあるので、
睡眠薬で強制的に眠らせるという習慣が長期的に続く
と当然からだの変調をきたすのは容易に想像できますね。

どんな症状でも、ある程度は自身の治癒力で
改善することが可能にできている体を、
弱めるのではなく、強める為の一つとして
様々な健康法があるわけです。

なんでもかんでもすぐ薬という考え方、
リスクがあることを意識してみてください。

 

 

 

台湾式リフレクソロジーで 「グッスリ眠る!!不眠症改善」


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

近グッスリ寝たのはいつですか?」

「毎日グッスリだよ」
という場合でも

今日の話は大事なことですから
良く頭に入れておいてください。

私はいつもグッスリ寝ています。
だから体も朝にはキッチリ回復して
いつも元気いっぱいです。

でも
こんな人ばっかりじゃないんですね。

眠れてない人って
じつは、いっぱいいるんです。

私の患者さんにも多いです。

仕事のストレス、家庭のストレス
友達関係のストレスなど

必要以上にストレスを
感じてしまって眠れなくなっている人や

遅い飲食を繰り返しているために
内臓が疲労して眠れなくなる人もいます。

こんなことも原因になっているんです。

こんな患者さんたちも
私の所に来ると、ほとんどよくなっています。

眠れないこと自体つらいんですが
眠れないことで起こる、他の症状が
大きな問題なんですよね。

私たちは寝ているときカラダを治しています。

10時ー2時 体力
2時ー4時 内臓
4時ー6時 神経

これらをそれぞれ回復させています。

この時間帯に
それぞれ十分な眠りが出来てないと
カラダを回復させてないんですね。

ですから、
心が疲れている人はこれが顕著に表れます。

うつ傾向、うつ状態、うつ病の人がまさにそうで
その多くは睡眠障害を訴えます。

寝つけない(入眠困難)
途中で目が覚めてしまう(途中覚醒)
予定の時間よりも朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)

その症状は
人によってさまざまですが

いずれの場合も
睡眠不足であることには変わりありません。

疲労が残ったカラダでは
日中の集中力は上がりません。

何とか体を回復させようと
精神科や心療内科で睡眠薬を
もらって寝ようとしますがこれが逆効果。

なぜだと思いますか?

普通に眠っている時と
クスリによって眠っている時とでは
眠りの質が違うから。

クスリで眠っている場合は
休んでいるというより、単に麻酔しているだけ。

深い眠りには入っていません。
だから心肺機能も高まったまま。

カラダも緊張状態のまま。
朝起きた時に目が覚めた時に

カラダが重かったり
だるかったりするのはこの為です。

そして
最初の時こそ効いていた睡眠薬も
だんだん効かなってきます。

細胞の働きをマヒさせる薬を飲んでいると
クスリさえも作用しにくくなってきます。

カラダがしっかり働かないですから
活動の神経=交感神経、
休息の神経=副交感神経

この神経の切り替えも
スムーズにできなくなります。

これが不眠を引き起こす大きな原因です。

さらに
「眠れないことが、焦りや不安でストレスを倍増させ
もっと緊張状態が続き、深い眠りを得られなくなるという悪循環へ。」

副交感神経は
血行が良くなれば活発になり
カラダもリラックスするようになります。

この働きを助けるのに効果的な治療が
足底反射療法(リフレクソロジー)です。

眠れない方には
この交感神経・副交感神経の
バランスを取るための施術が必要なんです。

眠れることで
カラダも心も回復していきます。
不眠を訴える患者さんの多くは
施術を受けると「良く眠れるようになった」
と喜んでくださいます。

なかなか最近眠れないなぁ・・
そんなあなたは、この動画を見て
ポイントを刺激してみてください。
不眠を解消し
心と体の回復を早めるポイントと
施術の仕方はこちらから↓

 

 

台湾式足裏・足ツボはすべてを知っている!?


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

今回は 「足裏はすべてを知っている!」
についてお話します。

身も心もヘトヘト。
しんどい・・・!
つらい・・・!

本当はゆっくり休みたい。
のんびりとくつろぎたい。
だれにでもそんな時、ありますよね?
でも、そうはいかない。

これが現実!

ただ、ここであきらめてしまっては
いけません!
体が壊れる方向にまっしぐらです。

現代人に心の疲れは確かにつきものですが
これからお話しする
”ある方法”をもってすれば、

あらかじめ心の疲れが
予防できると同時に
すでに心が疲労気味の
状態にあってもそれを改善!

回復の方向に導いていく
ことができるのです。

 これを風邪の予防にたとえて
考えてみると・・・
わかりやすかもしれません。

「今年の冬はインフルエンザが流行しそうだ」
そういうときみなさんならどうしますか?
私も含め・・・たいていの人はこんなことを
考えると思います。

「家に帰ったら、よくうがいをしょう。」
「手もよく洗わないとね」
「そうそう、外出するときはマスクをして行こう。」

では、風邪を引きかけた時は
どうでしょう・・・!

たいていの人は
「これ以上こじらせないようにしょう」
ということで・・・次のような対策を講じると思います。

「今日は温かくして早めに寝よう。」
「消化がよく栄養のあるモノを食べよう。」
「何か温かいモノでの飲もう。」

心の疲れも同じです。
ただ、風邪の場合と違って
やるべきことは一つだけ!

それこそが・・・・・!!
足ツボを刺激することなのです。

足ツボを刺激すれば
大なり小なり、痛みを感じます。
この痛みこそが重要で
それはとりもなおさず

”体(内臓器官)の疲労度”
を表しています。心の疲労は・・・
じつは内臓器官と直結していて

そこにつながるポイントを刺激することで
心の疲れを予防したり、
解消する事が出来るようになります。

そう!足裏はすべてを知っていて
私達が自覚していなくても
「こんなに疲れているよ。」
「もうヘトヘトだよ。」

という切なるメッセージを
痛みを通して発信しつづけているのです。

足からのメッセージを読み取り、
自覚して、大きな症状が出る前に
疲れを抑えてください。

仕事も無理せず、セーブしながら
痛みのある部分を意識して
毎日5分間刺激してください。
疲れが取れてきます。

回復したら、もっといい仕事ができますよ!

どこをどう刺激するか?

ゴルフボールで足裏全体をゴロゴロします。

そして、痛みの過敏なところ、気持ちのいいところ
を 意識してまずは片足5分ずつ刺激してみましょう。

毎日、継続することが大事です。
だんだん効果を実感できるようになるでしょう。

 

 

 

台湾式リフレクソロジー・台湾式足裏・足つぼセラピスト (プロフィール)


台湾式足裏・足つぼセラピスト・足裏反射療法師
フットリーデングセラピスト・リマイスター学院
学院長 土田 君枝(つちだ きみえ)です。

主な著書に
「心の疲れは足ツボで治る」
(サンマーク出版)

「ゴルフボールを踏むだけ 足ツボ健康法」
(中経出版)等があります。

現在は、一つの大きな問題になっている
主に、「うつ病」を対象として施術しています。

長年の治療経験を元に、
薬に頼らず足つぼを刺激することで
誰もがうつ病を
克服できる
「足つぼ」と「カンセリング」
を組み合わせた治療をしております。

このノウハウをリマイスター学院長として
セラピストの育成にも活かしております。

・1960年,曹洞宗(禅宗)のお寺の長女として生まれる。

長女と言っても一人娘親にしてみれば、
いずれは婿さんを迎え、
後を継いでもらうつもりでいたらしいのですが
中学生の時なんと両親が離婚。

母との二人暮らしを余儀なくされました。

そういう事もあって
高校生になると・・・
早く結婚して温かな家庭を築く事を
何よりも強く願う様になり、

21歳で・・・
若くして二児の母になったのでした。
波乱万丈だった私の青春時代

私が足つぼ療法のセラピストになってから
早いもので18年が経とうとしています。

その間、 延べ3万人以上
の人達を観て来ましたが、

その中には 心身ともに
すっかり元気になっただけではなく

足つぼに魅了されたのか
 「自分も足つぼ療法のセラピストになりたい」
と言って来る人もたくさんいました。

中には
「老後の生きがいにしたい。あんたの弟子にしてくれ」
85歳のおじいちゃんまで。

でも、 その人達の気持ちよく分かります。
なぜって・・・
私がまさにそうだったから。
かっての私は受難つづで身も心もボロボロ。

そんな時に
足つぼ療法と出会いその効果を体感。
この素晴らしさを
大勢の人に知ってもらいたい。

そして・・・
それによって苦しみやつらさから
一日も早く抜け出してもらいたい。

そんな思い出 足つぼ療法の
セラピストを志するようになったのです。

・35歳でリマイスター総本店の治療室の室長を任される。

一時期は
テレビのバラエティー番組に
足つぼ療法師として出演依頼が
多くありました。

少しでも足つぼ普及役立つならと思い
何度か出演しました。
しかし、
罰ゲームとしてタレントを
痛がらせるだけの扱いに落胆し、

正しい足つぼ療法の普及を心に誓う。

近年は、多数のうつ病患者を
完治させた実績から、
「うつ病は足つぼで治る」
看板に掲げるようになる。

一人でも多くの方がこころもからだもすこやかに
  愛に満ち喜びを感じられる世界を
 フットリーディングを通じて創造します。

現在は、
毎朝片道
40分をウォーキングで通勤が日課。
プライベートでは
4人の孫を持つスーパーおばあちゃんです。(自称)