ツボ

蓄膿症、副鼻腔炎の症状を薬を使わず改善させるツボ刺激の方法


button-only@2x 蓄膿症、副鼻腔炎の症状を薬を使わず改善させるツボ刺激の方法

この時期花粉症で悩まされる人は多いです。春先の症状ですが、同じような症状で一年中悩まされるのが蓄膿症です。

蓄膿症で悩まされている人は、物事に集中できなかったり、仕事や勉強にも身が入らないといいます。

でも、それは致し方ないこと。蓄膿症とは鼻の奥に膿がたまる病気で、鼻汁や鼻づまりなどの症状がひどいため、どうしてもそちらのほうに意識が向いてしまうからです。

この症状を軽減させるために蓄膿症を理解し自分で出来る改善方法で少しでも症状を軽減してください。ここでは、蓄膿症改善のセルフケアをご紹介します。

蓄膿症の症状

よくある蓄膿症の症状

  • 鼻が詰まって苦しくなる
  • 黄色や緑色のドロッとした鼻水が出る
  • いくら鼻をかんでも鼻水がでる
  • 両頬や目の奥眉間辺りがズーンと重く痛くなる
  • 鼻水がのどまでたれて気持ち悪い
  • 鼻の奥からいやなにおいがする
  • 頭痛がして集中力が無くなる

蓄膿症はただの鼻詰まりではありません。

感染して炎症があるので、放置していると中耳炎や目の疲れ痛み脳膿症や髄膜炎などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。

蓄膿症、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎の違い

蓄膿症は、慢性副鼻腔炎のことです。副鼻腔炎とは細菌の感染により粘りけのある鼻水が出たり鼻が詰まる症状です。花粉などのアレルギー性鼻炎や風邪によって起きた鼻づまりがきっかけで、副鼻腔炎になる場合もあります。細菌の感染により起こるものが急性の副鼻腔炎であるのに対し、慢性副鼻腔炎の場合は、副鼻腔の間や鼻腔が狭くなることで空気の循環が悪くなり起こるものです。鼻腔内で炎症が起こると粘膜が腫れてしまいます。鼻腔の中の空気の循環が悪くなると、急性の副鼻腔炎が慢性化してしまいます。1カ月以内に鼻詰まりなどの症状が治まるものを「急性の副鼻腔炎」、症状が3カ月以上続く場合は「慢性副鼻腔炎」と呼びます。

蓄膿症による頭痛・頭重感の特徴

button-only@2x 蓄膿症、副鼻腔炎の症状を薬を使わず改善させるツボ刺激の方法

頭が重くなり集中力が無くなる

蓄膿症の症状としては、頭痛、頭が重い感じがするなどの頭重感が特徴です。副鼻腔内に炎症が起こり、鼻水や膿がたまることで鼻腔内への圧迫感がこのような症状を引き起こします。初期の段階では頭痛や頭重感はおこらないので、これらの症状が起こってきた場合は症状が数sんできているといえるでしょう。

蓄膿症の原因

蓄膿症の主な原因

風邪や花粉症から来るアレルギー性鼻炎、鼻の形が原因だと考えられています。

  • 風邪による鼻の粘膜の炎症が副鼻腔にまで広がってしまい蓄膿症になる。
  • 花粉やホコリやペットなどのハウスダストが原因になることもあります。
  • 鼻中隔(びちゅうかく)という鼻の中を左右に仕切っている仕切り版のようなものが極端に曲がっていると鼻の通りを悪くして副鼻腔に炎症を起こすことになる。
  • 鼻のかみすぎ。過度に鼻をかんでしまうと拭く鼻腔に鼻水が入り込んでしまい炎症になる。こんなことも蓄膿症副鼻腔炎になる原因の一つです。
  • 意外にも虫歯が原因になることもあります。虫歯菌が歯茎や歯の根元から進入してしまうこともあります。
  • これらの他にも栄養の偏った食生活、ストレス、顔面のケガが原因となることもあります。

蓄膿症の治療法

家でできる改善方法

生活習慣を見直します。バランスの良い食事をして体の免疫力を挙げる。これは基本です。

そして、空気をキレイにすることが大切ですので自宅を掃除し清潔な空間を維持してください。蓄膿症は空気感染する可能性があるので、大気中のウィルスや雑菌が原因になって蓄膿症になってしまうこともあるからです。

家でできる蓄膿症の有効な改善方法の一つとして鼻うがいがあります。

鼻洗浄(うがい)で期待できる効果

鼻洗浄(うがい)というと怖がる人がいます。プールで鼻に水が入ると”ツーン”とするからだと思います。アノ鼻の痛みは誰でもイヤになりますが、正しい方法で鼻洗浄(うがい)を行うと痛み無く鼻腔内をキレイに洗浄することが出来、驚くほど鼻の通りがよくなります。

鼻洗浄(うがい)の正しい方法・鼻洗浄(うがい)の注意点!

鼻洗浄(うがい)はネティポットという鼻洗浄(うがい)専用の器具を使うと簡単に痛み無く行うことができます。

これはもともとヨガで使われているものです。ヨガは呼吸を重要視します。カラダに酸素をシッカリと取り込み細胞の働きを高め健康を増進する。だから呼吸器の働きが重要になるため古くからコノネティポットを使い呼吸器系をキレイにしヨガの効果を高めていたということです。専用の器具といってもネットで数百円からありますので手軽に取り入れられる健康法だと思います。

  1. ネティポット(鼻洗浄(うがい)器)に塩を入れる小さじ半分
  2. ネティポット(鼻洗浄(うがい)器)にお湯を入れる
  3. 顔を方向け片側の鼻にネティポット(鼻洗浄(うがい)器)の口を差し込む
  4. 鼻の奥に塩水を流し込みながら差し込んだ側の鼻で少しずつ息を吸い込み水を鼻の奥に取り込む
  5. 鼻腔内に水がたまると反対側から水がスーッとあふれ出てくる。
  6. ネティポット(鼻洗浄(うがい)器)内の水、半分ほど使ったら、反対側の鼻から同じように水を流し込む。
  7. 左右の鼻を洗浄し終わったらシッカリ鼻を間で終わり

button-only@2x 蓄膿症、副鼻腔炎の症状を薬を使わず改善させるツボ刺激の方法

鼻洗浄(うがい)の注意点!

  • 塩が足りないと鼻の痛みがある
  • 鼻の奥に水が流れる感覚が最初はわかりにくいかもしれない。その時は、塩を少量のお湯で溶かした後水をいれて冷えた水を鼻に流し込むと水が鼻の奥に流れていく覚がわかりやすい。
  • 鼻洗浄が終わった後、シッカリと鼻腔内の水出切ってないと頭を傾けた拍子に鼻からズーッと水が流れ出て恥ずかしい思いをする

 

スポンサードリンク


蓄膿症に効くツボってあるの?自宅で自分で出来る症状改善のツボ押しのポイント

button-only@2x 蓄膿症、副鼻腔炎の症状を薬を使わず改善させるツボ刺激の方法

 

思い当たる人は、この問題を少しでも解消するために、まず前頭洞のツボを刺激しましょう。

場所は両足・親指から小指にかけての先端の部分。

ただし、ここはふつうにゴルフボールを踏むのが難しいので、靴下を履いてその中にボールを入れて部位に固定。もう片方の足で踏むか、壁などに押しつけるようにしてください。

力加減は50パーセント、タイムは両足3~5分ずつ。

前頭洞は膿がたまる場所なので、ここを1日に数回踏むようにすれば、症状が次第に軽減するようになります。

 

もう1つのポイントは両足・親指の外側の側面にある鼻のツボ。

これは鼻の通りを良くするためです。この部位もふつうにゴルフボールを踏むことができませんので、両足の親指側面でボールをはさみ、その部分を前後・左右・斜めといったぐあいに小刻みに動かすようにしてください。

靴下の中に入れて行うとボールが転がる心配もありません。力加減も前頭洞と同じで50パーセント、タイムも両足3~5分ずつ。

足ツボを刺激するだけでは完治には至りませんが、やる・やらないでは不快感が軽減するという意味で大きな違いが生じてくるのは確かです。

 

まとめ 蓄膿症の予防。蓄膿症を悪化させないために

蓄膿症、副鼻腔炎はただの鼻詰まりやアレルギー性鼻炎と間違えられやすいです。
しかし、受賞化してしまうと合併症を引き起こしてしまう恐れもあるので、少しでも蓄膿症の疑いがあるようでしたら
初期の段階から自分で出来る改善方法を参考に、空気の洗浄鼻の洗浄、ツボ押しなどでセルフケアをはじめてください。

—————————————————

25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院

button-only@2x 蓄膿症、副鼻腔炎の症状を薬を使わず改善させるツボ刺激の方法

スポンサードリンク


 

風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント


button-only@2x 風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント

暖かくなってきました。寒い冬も終わりを告げそうなことタイミングで風邪を引く人もいます。暖かくなってきたのになぜ?「油断?」と思いがちですが、こんなときこそ気をつけるべき理由があります。風邪だけでなく他の疾患やケガが多いのも季節の変わり目。

ここでは、そんな原因不明の不調を改善し、快適な生活を送るためのポイントを解説しています。

暖かくなってきたのに風邪?と思う方も少なくありません。風邪を引きやすいからだの状態というのはこんな時

「風は寒いときにひくもの」というイメージをもっている方もいるかと思います。
確かに寒さ、ひえで起こることも多いですがそれだけではありません。

ヒトが順応できる温度差というのはご存知でしょうか?
「5℃以内です。」

寒暖差が激しいこの時期は、5℃は確実に超えていますよね。

このような温度差が自律神経を不調にしてしまいます。
自律神経は、カラダ(脳)の信号を全身に伝える連絡係なのですが、
急激な温度変化によって、正しく働いていないと脳からの命令を十分伝えられなくなります。
それによって、全身の器官の機能低下や誤作動が起こります。

これが、原因のハッキリしない不調につながります。

この時期(季節の変わり目)の不調(風邪やぎっくり腰が増える)は、自律神経が調子悪くなった結果に起こるものだということです。
自律神経を整えるのは、カラダをリラックスさせること。

  • 質のいい睡眠をとり、
  • 風呂にもゆっくり入り、
  • 呼吸を整え、
  • 食べ物でもカラダを浄化(デトックス)出来るものを摂る。
  • 着る物でも温度変化に対応できるようにする。

規則正しい、整頓された生活習慣というか健康的な生活を見直すということだけなんですが・・・

これができていない人は多いのでは?

  • 遅い時間の飲食、
  • アルコール、
  • 食事の不摂生、
  • 薄着、
  • 睡眠不足、
  • 電磁波(スマホ、PC、テレビなどを寝る直前まで使う)
  • 同じ姿勢を長時間している作業で運動不足

これらを見直して生活習慣を変えるだけで、急激な温度変化のある季節の変わり目も普通に乗り越えることはできます。免疫力や体力・回復力が上がります。

これを読んで「はッ!」とした方は見直して下さい。

仕事の関係で現実的に難しい人もいると思います。そんな方はツボ押しで悪い環境と患ってしまった症状を乗り越えることが出来ます。免疫力を正常化させ、不調が起こりにくい体を作る事ができるツボを後半で紹介します。

鼻水・鼻づまりはなぜおきる?

風邪の初期はウイルスを洗い流そうというはたらきで水っぽい鼻水が沢山でます。
細菌やウイルスによる鼻の中で起こる炎症によって粘り気のあるドロッとした鼻水も出たりします。

炎症による鼻の内側の粘膜の腫れや、沢山出る鼻水によって
空気が通りにくくなって鼻づまりを引き起こしたりします。

鼻の気道を確保しよういう浄化の働きということですね。

スポンサードリンク

鼻水・鼻づまりを放っておくと?

button-only@2x 風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント鼻水をすすると、耳まで達してしまった場合は中耳炎を起こすこともあるようです。なるべくすすらず、かんで外に出すことが大切です。ただ、鼻のかみ方も、力まかせは良くありません。

強くかみ過ぎる事で耳をいためたり、鼻血が出るなどのトラブルのもとになるので注意しましょう。

また、鼻づまりを放っておくともう一つ大きな問題が起こります。口呼吸になり、のどが乾燥して炎症を起こしたり、睡眠不足を引き起こしてしまいます。

こちらも、避けたい症状ですね。

風邪に効くツボ

button-only@2x 風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント

刺激ポイント

脾臓:(風邪のポイント)左足の小指の付け根部分のふくらみから、指2本分下。ココが脾臓です。免疫力を挙げるポイントです。

腎臓・尿管・膀胱(足ツボの基本ポイント。毒を出しやすくしカラダを正常化させる)足裏の真ん中。~内側のふくらみまで。

 

button-only@2x 風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント

 

風邪に効くつぼの刺激法

風邪をひいて発熱したときは、このゴルフボール健康法はひかえるようにしてください。

とくに熱が38度以上ある時は絶対にNG。足ツボを刺激すると血行が良くなるため、それに伴い体温がますます上昇してしまうからです。また、熱がさほど出なくても、頭痛や倦怠感といった症状が現れたときもNGです。風の病原の大半はウイルス感染なので、足ツボを刺激すると循環器系統が活発になるので、菌がまわりやすくなり、かえって症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。

しかし、風邪のひきはじめ、つまり「ちょっとのどがイガイガしている」「鼻がムズムズしている」というときなら大丈夫。

免疫力を高めるために、脾臓のツボを刺激してあげましょう。

これは左足のみ。

左足の薬指と小指の間を足裏中央のほうにめがけ、ボールをスライドさせ、ボールの止まるところから1センチほど下の部分がポイントですので、ボールを押し当てるように踏みこんでください。

力加減はやや強めの70パーセント。タイムは3~4分ほど。

これを1日2~3回行うほか、鼻のツボや気管支のツボなどもあわせて刺激すれば、大事には至らないですみます。

「今日は大事な会議がある」「明日から旅行に行く」というときなどに、とくにお勧めします。

button-only@2x 風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント

 

まとめ

季節の変わり目の風邪は、温度変化に対応できない自律神経の不調が体の力を弱らせて起こしてしまっている。症状だけに目を向けるのではなく根本の生活習慣の改善に努めることが必要。その上で、ツボ押しで改善のスピードを後押しする。

こんなイメージで不調を吹き飛ばしてください。

—————————————————

25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院

button-only@2x 風邪に効くツボ / 季節の変わり目の風邪にセルフケアで対処するツボ押しのポイント

 

スポンサードリンク



——————————

頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ


button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ

日本人の4人に1人が頭痛もちといわれています。

一口に頭痛と言っても、脳卒中などによる血管障害によるもの、クモ膜下出血や腫瘍などの頭蓋骨内によるもの、頭蓋骨内外の血管の拡張によっても起こるもの、精神的ストレスが原因で起こる緊張性のものなど、その原因はさまざまです。

なかでも、病気が原因になっている頭痛を除いては、現代人に最も多いのは、身体的ストレス、精神的ストレスによる緊張性の頭痛ではないでしょうか?

この頭痛の対処法として、薬を飲むのはイヤだが早く収めたいので頭痛薬に頼ってしまうという方も少なくありません。

ここでご紹介する方法は、誰でも短時間で薬を飲まずに自分で頭痛を軽減できる方法です。

この通りやることで、早い方は数分。時間のかかる片でも数時間でほとんど気にならなくなり頭痛を長期的に自分でコントロールできる方法です。あなたの頭痛解消に役立ててください。

Contents

  1. ひどい頭痛に悩まされた20代女性教師もツボ押しで一発解消。
  2. 緊張型頭痛の誘因
  3. 緊張型頭痛が起こるしくみ
  4. 緊張型頭痛の治療
  5. 緊張型頭痛の予防
  6. 頭痛を緩和するツボ押しのステップ

ひどい頭痛に悩まされた20代女性教師もツボ押しで一発解消。

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ私の治療室に見えた20代の女性がそうでした。中学校で教師をしていた彼女は毎朝6時には家を出て、帰宅するのは毎晩9時。そんなオーバーワークによるストレスで、ひどい頭痛に悩まされていました。

しかし、私があるツボを刺激したところ、その頭痛が一発解消。また、そのツボを自分でもゴルフボールで刺激するようにしたら、今では頭痛と完全に縁が切れたといいます。

そんな効果の高いツボ押しですが、ツボを押す前に頭痛のメカニズムについて理解しておく必要があります。

緊張型頭痛の誘因

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ

首や肩のコリも頭痛に影響する

緊張型頭痛とは、身体的ストレス、精神的ストレスなどがいくつも重なり合って神経筋肉が緊張し首肩周辺の筋肉が緊張、その緊張による血流障害が原因といわれています。

身体的ストレスとは、デスクワークなどで上体が前かがみの姿勢を長時間する。うつむき姿勢、運転、就寝時の合わない枕などで、不自然な(むりのかかる)姿勢を長時間している場合などをさします。

このような不自然な姿勢を長時間しているような持続的な筋肉の緊張は弱い緊張の様でも長時間にわたることで、さらに筋肉の硬くしてしまいます。これが頭痛を引き起こします。

前述の女性教師も毎朝6時に家をでて帰宅するのは9時過ぎ。

長時間同じ姿勢をしていることも多くそんなオーバーワークによるストレスでひどい頭痛に悩まされていました。



緊張型頭痛が起こるしくみ

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ

首や肩のコリは頭の血液循環を悪くする。これも原因の一つ

緊張型頭痛は、首や肩背中の筋肉が硬くなることで起こります。筋肉の緊張が強くなると、筋肉の中を通っている血管を押しつぶし、その中を流れている血液循環が悪くなります。

血液の流れが悪くなるために老廃物がたまります。その老廃物が周囲の神経や組織を刺激し締め付けられるような痛みを引き起こします。

精神的なストレスも頭痛を引き起こします。過度な毎日の神経の緊張が、脳の誤作動を引き起こし痛みのコントロールが出来にくくなります。

筋肉の緊張がそれほど強くない場合でもこういった理由から頭痛が起こることもあります。

緊張型頭痛の治療

緊張型の場合はとにかくリラックス。

ですが、出来ないからなっているわけで、生活の環境が変えられない場合でも短時間のツボ押しによるケア方法を行うだけで頭痛が緩和します。

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ

緊張型頭痛の予防

硬くなることで症状が悪化しますから、考え方としては筋肉を常に柔らかい状態に保ち血液の流れを良い状態にしておくことです。

一般的な対処法としては次のようなものが有効です。

  • 目からの光刺激を避ける(パソコン、TV、スマホ、などの電子機器から発せられる光刺激)
  • 肩首を温める
  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 肩周りの関節を大きく動かす運動

頭痛を緩和するツボ押しのステップ

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ

椅子に座ってゴルフボールを転がす足裏の刺激は、セルフケアとしてちょうどいい強さの足裏の刺激になる

用意するもの

  • ゴルフポール
  • 椅子
  • タオル

※手で押す場合はクリームを使用する

ツボ

頭痛を緩和するツボは、脳神経の中で一番大きな三叉神経。親指の爪の横の部分にそのツボはあります。

ここは場所が場所だけにふつうにゴルフボールを押し当てることが出来ませんので、親指と人差し指の側面でボールを挟み、小刻みに動かすようにしてください。

靴下の中に入れでやるとスムーズに行え、滑る心配もありません。これを頭痛がしたとき、80%の力で(けっこう痛いですけど我慢してくださいね)両足で5~8分ずつ行えば頭痛が瞬く間に解消され、気分がスッキリすることうけあいです。

 

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ

 

まとめ

頭痛の原因は、身体的なストレス精神的なストレス。どちらも原因になっている。環境を変えることが出来なければ、ストレスを排除でいませんが、短い時間でも足裏のツボの刺激で頭痛を緩和することが出来ます。そんな手軽で効果的なのが足ツボ療法です。

 

—————————————————

25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院

button-only@2x 頭痛(緊張型)気圧で悪化する症状の治し方。やわらげるツボとカンタンな押し方のコツ



足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!


足裏の痛み、ツボ押しで判断。あなたの体調良い?悪い?

こんにちは。
土田です。

「うぉーーー!!!」「イタタタタタ!!!」
足裏を押された芸人さんたちが悶絶する姿をテレビの罰ゲームなどで見たことがあるかもしれません。

今日は「足裏の痛みと足ツボの効果、症状に対するセルフケア」について書いていきます。

 

それは、足裏の悪いポイントを思いっきり押せばだれだって痛いですよ。と私は言いたい。

ちゃんと治療としてのツボの押し方があるんですが、ネタとして面白いという事でプロデューサーからは、痛がらせてくれとだけ言われたので、撮影の時は私もそうしましたけど、そういうテレビの仕事はもうやらなくていいですね(笑

足裏のポイントは、悪い所があればある程度痛みますが、しっかり押せば「気もちいい!!」ものです。でも、それだけではありません。

足裏には、左右で百数十のツボがあり、病気で悪くなったり疲れているだけでも足裏にはゴリゴリ、ジャリジャリとした老廃物がたまります。

このゴリゴリ、ジャリジャリのたまり具合をチェックして、どこがどれだけ悪いのか???って訓練した足ツボ師はわかるんですよ。すごいと思いませんか?

私が初めて足ツボを受けた時には衝撃を受けました。
からだの調子をすべて言い当てられましたからね。
「うわぁ、気持ち悪ぅ!!」と思うくらい(笑

で、何度か受けているうちに、私もカラダがすっかり元気に成ったので「これは、絶対覚えなきゃ」とすぐに弟子入りしました。

「足ツボは気持ちいい」「足が軽くなった」なんてレベルじゃなくて、不調や病気もかなりのレベルで改善する、健康法だということです。熟練した足ツボ師なら、足を触っただけでカラダのどの部分が悪いのか言い当てるのはカンタン。人を元気にするのも簡単。

ということで、今日は足裏の痛みで体の不調を探り、改善する方法をお伝えしますね。

一般的な中年ビジネスマンやOLが気になりだしてくる不調や病気に関するポイントを解説していきま~す!

Sponsered Link

 

【関連記事】体調改善は自分で出来る!足ツボの元気効果を最大に高める知っておきたい基礎知識

【関連記事】足ツボの効果と体調改善効果を実感しやすいポイントをまとめました

 

足ツボとは?

足ツボの基本的なすすめ方

  1. クリームを塗って足の保護
  2. 足裏のツボチェック
  3. チェックと同時にツボを擦り上げたまった毒を出す
  4. 水を飲んで体をクレンジング

こんな流れです。

ではまずはツボの場所から見ていきましょう。

足ツボの基本ポイント

足ツボは「第二の心臓」なんてよく言われます。半分正解。でも追加で解説するとすれば、「第二の腎臓」というべきでしょうか。

循環を良くして体の細胞に元気の素を送る。と同時に、「毒を出す!!!」これが大事。

どちらも大事なんですが、毒を出す方がもっとも大事かな?と私は思ってます。

例えば、いい栄養が届くのが少なかったとしても、毒がカラダ全身に滞って細胞に栄養を与えない、働きが悪くなる、そして蝕まれていく。

怖くないですかこっちのほうが?
イメージですけどね(笑

ということで、まずは腎臓、尿管、膀胱!

ここを徹底して刺激していきます。

と言っても最初は片側5分位でいいですよ。
テレビ見ながらでもこのくらいの時間ならすぐに出来ちゃいますね。
このポイントだけ刺激しても
疲れが取れ、眠りが深くなり、血液循環がよくなり
腰も肩も楽になります。

ですから、足ツボと言えば何がなくても
「腎、尿管、膀胱!」
覚えてくださいね。
覚えただけでなくしっかり押してください。

濃い臭いの強い尿が出て、背中足カラダが軽くなります。
さあ、ではポイントです。

足ツボの基本ポイント

button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

・腎臓

足裏の真ん中。
二つのラインが交差するポイントです。

一つ目は、足の人差し指と中指の間とかかとを結ぶ線。
二つ目は、土踏まずを横に二等分した線。

この二つが交わるあたりに
腎臓のポイントがあります。

刺激の仕方:人差し指を下の写真のようにして上から下へ刺激します。
※赤い部分を当てます

button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

 

・尿管

そこから真下にかかとに当たって止まったら内側のふくらみのところまでこすります。
膀胱のところまで、左足ならアルファベットの「J」のライン。
右足なら「逆J」ライン。

刺激の仕方:腎臓と同じく人差し指で刺激

・膀胱

土踏まずの一番高いところからかかとの方へ指を進めると盛り上がっているところがあります。
ここの盛り上がっているところが、膀胱の反応点です。

これら3点に反応(ザラザラゴリゴリとした感触=老廃物がたまっている)が出ている場合は、

  • 冷え
  • むくみ
  • 尿が出にくい
  • 逆にトイレが近い
  • 膀胱炎
  • 腎盂炎
  • 結石

まど、泌尿・排泄器系のトラブル。眠りが浅い、寝つきが悪いなどの影響が考えられます。

刺激の仕方:グーを作って、人差し指中指の第二関節を使い刺激する。
※赤のしるしの辺りを使う

button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

これら3ポイントの刺激だけでも効果あり。
まずは短い時間でもここから始めてください。

足裏が教えてくれるカラダの声。トラブルサインはこれだ!

ここでは、足裏のツボ全体の図を載せておきます。
押して痛むところチェックしておいてくださいね。
足つぼの痛い場所でわかる体調不良
button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

 

デトックスで毒を出す!毒を出せば体は元気。

毒(老廃物)が溜まっているとカラダの働きは悪くなります。
便が溜まっていれば、お腹は苦しいし、気分は晴れないし気持ち悪くなったりもします。

毒が溜まっているというのはお通じが悪いという事だけではありません。
血中の老廃物。
これも大きな問題です。

血液が酸素を運んで細胞に栄養を与えてカラダの60兆個の細胞が生き生きとしていれば何の問題も起きませんが、細胞を運ぶ血液が汚れていたら、細胞の働きが悪くなる=臓器の働きが悪くなる。頭の働き(集中力)も悪くなります。

デトックスは血中の老廃物を外に出しやすくするために腎・尿管・膀胱の働きを活発にするという事です。プラス循環改善のために心臓のポイントも刺激する。

そして、必ず多めの水を飲んでください。老廃物を出しやすくします。

足のむくみ、冷えを改善するマッサージ

  • 足の冷えむくみはたまらない。
  • 冬場は寝れなくなるし。
  • 夏場は脚が重ダルくなりすぎる

button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

これも、基本ポイントの腎・尿管・膀胱のポイントで解消。

冷え性、循環障害(この動画では手ではなくてゴルフボールによる刺激の方法を解説)

【関連記事】 足ツボ療法の効果 「腎臓病で入院」を足ツボで回避!)!

 

グッスリ寝れば元気になる!

ビジネスマン、OLは疲れを翌日に残さないために、毎日その日の疲れをスッキリと取りたいものですね。

毎日疲れた身体でマイナスの状態からスタートはパフォーマンスを発揮できませんね。

「最近疲れが取れないな~」という人は眠りの質が悪いんです。
人は寝ている時にカラダを治しています。

  • 10時から2時=体力
  • 2時から4時=内臓
  • 4時から6時=神経

これらをそれぞれ治しています。
この時間帯に十分な睡眠が取れていないと体は回復しません。
ここでは、ぐっすり眠れるようになるポイントをお教えします。

なぜ寝れないのか?
一言で言うと脳が覚醒しているから。

寝るタイミング(時間帯)なのに、身体が活動している。
逆に活動したいのに、脳が休んでいて思うように動けない。

こんなことも、忙しく働いているビジネスマンにはよくあります。

活動している時の神経は交感神経、
リラックスする時の神経は副交感神経。
これらを合わせて自律神経と言いますが

それぞれがしっかり機能していれば
それぞれのタイミングで活動でき睡眠が取れます。

忙しいデスクワークPC作業で常に気を張って
交感神経だけを長時間使い続けていると
この自律神経の交感神経副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。

この神経の切り替えのスイッチングを上手くやってくれるのが
足ツボによる頭のポイントの刺激。

基本ポイントに加え、大脳と小脳、肝臓を刺激することで
眠りの質が改善されます。

寝る時間の30分~1時間くらい前に風呂上りにやるとより副交感神経が優位になり
リラックス効果が高まります。

刺激ポイント:腎・尿管・膀胱・肝臓・大脳・小脳

疲労、二日酔い、睡眠不足(この動画では手ではなくてゴルフボールによる刺激の方法を解説)

「台湾式足裏ゴルフボール健康法」いつゴルフボールを踏めばいいの?

 

button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

【関連記事】 「足裏がゴリゴリする」理由

 

刺激の仕方:親指の関節を使う。写真参照

下から上へこすり上げるように刺激する。

どのポイントも刺激の際にはクリームをつけて肌の摩擦によるダメージを予防してください。

button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!

 

【関連記事】体調改善は自分で出来る!足ツボの元気効果を最大に高める知っておきたい基礎知識

【関連記事】足ツボの効果と体調改善効果を実感しやすいポイントをまとめました

足裏の痛いポイントを刺激すれば不調は変わる。でも注意!○○な人は足つぼ禁止!

  • 食後30分
  • お酒を飲んだ直後
  • ウィルス
  • 細菌感染
  • 風邪で高熱
  • 抜歯直後
  • 骨折・捻挫している時
  • 妊娠中安定期に入るまで控える

足裏の痛いポイントからツボ押ししていきましょう!

これだけ効果の高い足ツボです。
難しく考えず出来るところから押し始めて下さい。

場所はスグに覚えられなくても結構です。
だんだん覚えていきますから。

先ずは、足裏を押して痛い所から押し始めて下さいね

足ツボのいいところは、ベテランのプロが押しても、素人が押しても同じところに同じ刺激が行けば同じ効果が出るところ。

ですから、まずは感じるままに押してみてくださいね。

・自分でツボを押す
セルフの方法。自分の健康を自分で知る。自分で管理する。

・体調改善だけでないこんなメリット
人にやってあげるメリット。向き合うことが最大のコミュニケーション!

施術法の解説動画

いろいろ

まとめ

  • 腎・尿管・膀胱の基本ポイントを押すだけでも体が元気になる
  • 足裏を痛みでカラダの悪い所が分かる。ツボを押すことで改善する
  • 毒を出すことで身体は元気になる
  • グッスリ寝れば元気になれる
  • プロが押しても素人が押しても同じポイント・同じ刺激なら同じように効果が上がる
  • 足ツボは向き合う事、足に触れる事で信頼関係が築ける最高のコミュニケーションツール

ここで紹介したように、足ツボは手軽に、そして効果的に体調を改善する効果のあるツールです。

足の裏のツボは、「病気を治す」ツボ押しという面もあり「病気を未然に防ぐ」ツボ押しという面もあります。日常的に行って、毒を出して眠りの質を変えて毎日さわやかに起きてください。
からだをもう1ランク上の元気にしてください。

 


25年の実績!
“治す技術がほしい” “人の役に立ちたい”という方に魂の足ツボをお教えするリマイスター学院


button-only@2x 足裏の痛みはからだの不調?かも。ツボ押しで改善!


Sponsered Link

ゴルフボール健康法 (台湾式足ツボ・足裏健康法)


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

ようやく涼しくなってきましたね~
本当に今年は暑かった。
しかもたまに涼しい日があったりで、
体調管理が難しかったですね。

気候が落ち着いてくると、
夏の疲れがどっと出てきます。
自律神経が疲労したからなんです。

体がだるかったり、
ふらついたり、
頭が痛かったり、
肩や首のコリがひどくなったり、
耳鳴りがしたり、
食欲がなくなったりと

様々な症状を訴える方が多くなってきました。
いわゆる不定愁訴と言われる症状です。

病院に行っても、「夏バテですね。」
ということで症状に合わせた
お薬を処方されるわけですが、
症状が改善されないことが多々あるのです。

これだけ医学が進歩したのに・・・
これだけ良い薬が開発されたのに・・・

現代社会を見渡すと、
このような体調不良や原因不明の
症状でなやまされている人が
なんと多いことでしょう。

そうしたこともあって、気功、ヨガ、太極拳、ダンス・・・・・
といった様々な健康法が見直されつつあります。
でも、皆さん、こうは思っていませんか?

「お金もかかるし、やるのも面倒、
それに本当に効果があるのかな・・・」
「効果があったとしても、
時間がかかるのはイヤ」

では、お金もかからない
椅子に座って、テレビを観ながら、
本を読みながら、友達と携帯でおしゃべりしながら、
いつでもどこでも手軽に行える。
それでいて効果は抜群。

そんないい方法があったらいいですよね?
それは、私がいつも皆様におすすめしている
ゴルフボール健康法です。

使用する治療道具は
たった一個のゴルフボール。

”ゴルフボールを踏むだけの
健康法”なのです。

大きさ、硬さがちょうどいい。
「~ながら」でできる。

体の血行促進だけでなく
ツボを刺激することで
その部分の症状が改善するのです。

難しく考えず、足裏全体を
まんべんなく転がすように
刺激していけばいいんです。

特に、痛いところがあれば
そこを意識して刺激すると
いいですよ。

興味のある方は、そこが何の
ツボ(反射区)で、どこが
弱っているんだろう?
と意識しながら刺激するのも
楽しいと思いますよ。