反射

台湾式リフレクソロジー・足裏はあなたにメッセージを伝えている


こんにちは
台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義” 土田君枝(つちだきみえ)です。

体は正直で、どこかに
トラブルがあると教えてくれるという
すごい仕組みを持っているんです。

頭が痛かったり、
だるくなったり、
お腹が痛くなったり、
熱が出たり、と。

サインを送っているんです。

どこか悪い部分があると、
脳がそれをキャッチして
体の別の部分に投影するんです
足の裏に投影されたのが、
足裏反射療法。いわゆる足ツボなんです。

今回は、
”足裏はあなたにメッセージを伝えている”
というお話をします。

ここで私からみなさんに、
ちょっとお願いがあります。

部屋の中に居るなら・・・
敷居の段差の部分に足を
押し付けて見て下さい。

職場や学校にいる人は・・・
靴を脱いで階段の縁に足裏を
押し付けるだけでもかまいません。
どうです? 痛くありませんか?

部位によっては・・・
鈍痛を感じたり
鋭い痛みを感じたりするはずです。

なぜだかわかりますか?
足裏には・・・
内臓やその他もろもろの器官とつながって
いる”反射区”と呼ばれる
ツボが集約されています

button-only@2x 台湾式リフレクソロジー・足裏はあなたにメッセージを伝えている

反射区には内臓や各器官とつながっている
末梢神経が集中していて
その反射区を押したりもんだりするなどして
刺激すると それが脳を経由して
機能が低下している箇所に伝わり
痛みとなって現れる仕組みになっています。

つまり!
「あっ!痛い」というのは・・・
自分では自覚出来ていないかも知れない
けれど、

「あなたは、いま、この内臓が弱っていますよ」
「この器官の機能が低下していますよ」
という足裏からの一種のメッセージなのです。

しかも興味深いのは・・・
この反射区を押したりもんだりすると
そことつながっている内臓や器官が刺激を受け

血液循環が良くなり新陳代謝が高まるなどして
その機能が改善され
向上していくこと。

その結果
身体も回復していく。
元気になる!
健康が取り戻せるようになる!

これが足ツボ療法の原理なのです。
「たかが足つぼ・されど足つぼ」です。

是非、お試しあれ!

 

 

台湾式足裏・足つぼマッサージ・「足ツボの歴史 現代」


こんにちは
台湾式足裏・足ツボセラピスト養成講座
「足つぼの奥義」土田君枝です。

今回は、「台湾式足裏・足つぼ」の歴史現代に
ついてお話しします。

現代では、スイス人神父が
台湾でこの療法、
効果を知り
台湾全土に広め
一大ブームを巻き起こしました。

実は、その神父さんの
まな弟子が私の師匠(台北在住)なんですよ。
余談でしたね。(笑)

button-only@2x 台湾式足裏・足つぼマッサージ・「足ツボの歴史 現代」

その結果、
国内はおろか
シンガポール
香港
韓国など東南アジアにまで影響し
日本にその波が押し寄せてきたのは
記憶に新しいところです。

そして現在「足底反射療法」は
東洋医学と西洋医学
両方の歴史を持った
新しい時代の医療として
世界中で熱い注目を集めています。

ただ、実際は・・・
扱いが軽すぎますよね。(悲)
テレビやマスコミで取り上げられている
罰ゲームなどで使われるイメージは。

そうではなく、 東西両方の歴史を
もった優れた「療法」としての
足ツボが理解されてくる
ことを願うばかりですね。

現在、不定愁訴と呼ばれる
検査には現れず、異常なしと言われながら、
様々な症状を引き起こすもの。

検査にも現れなくて、異常もないのに
薬を飲むのは危険ですよね?

でも、胃が痛い、だるい、頭が痛い、眠れない
という症状はつらいですね。

こういったものには、絶対「足つぼ」です。
副作用もなく症状の軽減にも役立ちます。
こういった療法が今後ますます見直されますね。

 

 

 

 

 

 

 

台湾式足裏・足つぼマッサージ・「足ツボの歴史 中世」


こんにちは

台湾式足裏・足ツボセラピスト養成講座
「足つぼの奥義」 土田君枝です。

今回は、「台湾式足裏・足つぼ」の歴史の
古代から中世について
お話しします。

16世紀ごろのヨーロッパには
反射療法が西洋医学の
研究の中でも注目され始め、20世紀初頭には
実際にその治療が 民間に普及されだした
記録が残っています。

また、スイス人看護婦によって
中国の“民間療法”として
足底反射療法が ヨーロッパ諸国に
紹介されたことも 普及に拍車をかけました。

中世に入り足底反射療法は
民間療法として、西洋医学の中でも
東洋医学として利用していたことがわかります。

西洋に偏っていた医学も、
最近では、少しずつ見直されてきました。

木を見て森を見ず、から森を見る医学(東洋医学)
が見直されてきたということは
とても重要なことだと思います。

症状が出てくる過程において、
人それぞれ生活環境、仕事の環境
ストレスの度合い、体力、食習慣、
すべて違うのですから、

処置もそれぞれ違うはずです。

 東洋医学の考え方を取り入れる
先生が増えてきているのは嬉しい限りです。

そして何より、様々な症状で
悩んでいる患者さんに必要なことだと思います。

 

 

 

台湾式足裏・足ツボとリフレクソロジーの違い


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”  土田君枝(つちだきみえ)です。

足ツボ療法は大まかに台湾式と英国式の2つに分けられます。
東洋医学をベースにした台湾式足ツボ療法は、
四千年の歴史をもつ世界最古の健康法と呼ばれる伝統療法で、
強い刺激を与えるのが特徴です。

テレビでタレントさんが痛がっている姿
をよく見ますね。罰ゲームで。(笑)

私も以前はよく呼ばれましたが、
最近はお断りしています。
理由は、足つぼの本当の良さが伝わらないからです。
もっといい形でテレビで伝えられるといいですね。

 

その台湾式足つぼですが、日本では最もポピュラーな
足ツボマッサージといっていいでしょう。
身体の機能の弱っている人は痛みを感じますが、
術後は心身ともにスッキリします。

オイルやクリームを使用し、指の関節を使い、
しっかりとした刺激で足を揉みほぐし、
施術後の効果を最優先に考えています。

一方、駅の構内等でよく見かける
英国式足ツボ療法は、東洋式の強めの施術とは違い、
リラックスを目的としているので、
適度な心地よい強さで揉みほぐします。

台湾式のように、指の関節などは使わず、
親指の腹を使う施術はとてもソフトな感覚で、
アロマの香りとヒーリングミュージックとの相乗効果でより
深いリラックス効果が得られるのが特徴です。

どちらもとても素晴らしい療法です。
あなたの体の状態に合わせて
使い分けるといいのではと思います。

なんとなく、違いがわかりましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾式足裏・足つぼマッサージ 足ツボの歴史・古代


こんにちは

台湾式足裏・足ツボセラピスト養成講座
「足つぼの奥義」の土田君枝です。

足ツボっていつから?
実は相当古くから使われていたんですよ。
しかも、中国だけでなくいろんな国で・・・

足を刺激することで様々な
効果があるということが
経験的にわかっていたんですね。

今回は、「台湾式足裏・足つぼ」の歴史について
お話しします。

正式名 「足底反射療法」・「Foot Reflexolojy」
(Reflex=反射区)

まず古代では、
インドの「仏足」と言われるものから、
古代の人々はその絶大なる治療効果から
足に何か大きな力があると
信じられていたことがわかります。

信仰と治療をあわせたもの
として対処していた のでは
ないかと考えられてます。

エジプトでは、
「ピラミットの壁画」が有名です。
ここでは当時すでに足底反射療法が
一般に行われていたことを
壁画の人物画が物語っています。

button-only@2x 台湾式足裏・足つぼマッサージ 足ツボの歴史・古代

アジア地域では、
黄河流域の先住民族の中で浸透し
紀元前に記された中国医学の原典
「黄帝内経」の中での効用は
はり、灸、按摩と肩を並べた治療
評価されています。

古代から足裏・足ツボは
治療として用いられて
いたのがわかりますね。

エジプトの壁画にも
足ツボをしている人物画が
ちゃんと描かれている
のには驚きですね。(笑)

何千年も前の人も
今の人も作りは同じですよね?
ということは、
体の反応も同じはずなんです。

現代医学が発達して
治療法としての 優先順位が
相当下がってしまいましたが、(笑)
治療としての有効性は、
今も昔も変わりません。

脳が体の状態を把握して
足裏に、 今どこの器官が
どういう状態だ、 ということを
教えているわけです。

現代医学では、
原因がわからない病気が
数多く存在します。

原因がわからないのに、
何故か薬が出ています。
それを長期的に続けることって
恐ろしいことですよね。

検査ではどこにも問題はないが、
症状が出ている。
ストレスです。神経から来ています。
と言われた時には、まず、
足裏を触ってみることをおすすめします。

過敏な痛みがあったり、
コリがあったりと 何かしらの
反応が出ていると思います。
そこを刺激することで
症状も軽減します。

薬の無かった時代には、
そうして治療して
いたんだと思います。

これからの時代、
間違いなく必要になって
くると療法の一つだと思います。