東洋医学

薬に依存するより、まずはゴルフボールを踏もう!!


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
足つぼの奥義     土田君枝です。

先日、知人が胃が痛いから、誰か薬持ってない?
すると、その友人が「あるある。」って。

「はあ??」
信じられませんが、薬の貸し借りを平気でしているんですね。
これ、結構よくあるらしいんです。

でも、考えてみてください。
何で、処方箋がないと薬が買えないか。
睡眠薬や向精神薬が、闇で売られているか?

医者が簡単には出したくないほど、強いし、
副作用のリスクもあるからなんですよね。

中には、寝れないから薬ある?って。
昔は、睡眠薬が闇で一錠5000円とか1万円で
売っているって言う噂話を聞いたことがありますが、

そういう薬を毎日2錠も3錠も飲んでいるという
患者さんの話を聞くと、ぞっとします。
「身体壊れますよ」と心配になります。

日本人ほど、簡単に薬を飲む民族はいないそうです
薬を出さないと、医者が儲からないという背景が
あるからなのかも知れません。

冒頭の胃が痛かった知人に、薬飲む前に、
だまされたと思って、薬飲む前に、足裏押してみて!
って言って3~4分刺激したら、胃の痛みがかなり和らぎ
驚いていました。

「薬は、その後でいいのよ。」
足ツボの効果を実感してもらいました。

西洋医学の祖と呼ばれる古代ギリシャの
医者ヒポクラテスは次のような言葉を残しました。

「病は自然に治癒す。医はこれを助くるものなり」
私たち人間の身体には、本来素晴らしい
自然治癒力がそなわっている。

病気にかかったり負傷したときに、
医師が治療するのは、この自然治癒力を
最大限に引き出すためである。

意訳すればこういう意味になるのですが、
現代人はどうかといえば、
これと逆行しているような気がしてなりません。
具合が悪くなると、すぐに薬に頼ろうとする。

持病があっても薬があれば安心と考え、
薬を切らすと不安になる。

誤解がないようにいっておきますが、私は何も西洋医学、
薬を頭から否定しているわけではありません。
実際に、私もお世話になります。

薬は薬なりに効用があって、
ウイルスに感染したときや重い病気にかかったときなどは
医師の指示を的確に守り、服用するべきでしょう。

しかし、むやみに薬に頼ろうとする
他力本願的な考えでは、自然治癒力が
なかなか高まらないどころか、逆に低下します。

仮によくなったとしても、
再び同じ症状を起こしかねない可能性もあります。

風邪を引いたときなども、ウィルスをやっつける為に
熱が出ているのに、急に下げようと薬を飲みます。
昔からそのリスクを知っているいい先生は、
徐々に下げるような薬を処方するのです。

急に熱を下げると、自分で熱を上げる機能が徐々に
低下していきます。
体温が極端に低い人は、薬を多く飲む傾向があり、
風邪などの治りも悪いように感じます。

眠れない方も同様です。
眠れない=睡眠薬 と安易に考えるのは危険です。

眠れないというのは、自律神経等の問題もあるので、
睡眠薬で強制的に眠らせるという習慣が長期的に続く
と当然からだの変調をきたすのは容易に想像できますね。

どんな症状でも、ある程度は自身の治癒力で
改善することが可能にできている体を、
弱めるのではなく、強める為の一つとして
様々な健康法があるわけです。

なんでもかんでもすぐ薬という考え方、
リスクがあることを意識してみてください。

 

 

 

足ツボとの出会いで運命が変わる?足つぼセラピストになるまで 1


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

人生の中で、 振り返ってみると
あそこがターニングポイントだった?
という時がみなさんもありますよね?

人との出会い、別れ、
大きな環境の変化などなど・・・

今回は、私の足ツボとの出会いについて
お話しします。

私の場合、
当時住んでいた家の近くに整骨院が
オープンする知らせを
人づてに聞いた事から始まりました。

「腰も痛いし、身体もだるい、頭も痛い、眠れない・・・」
試しに、という軽い気持で足を運んだのです。
最初は電気をかけてもらったり、マッサージを
してもらったりしていたのです。が、

何回目かの治療の最中、先生から・・・
こんな一言をかけらいました。
「試しに、足ツボのマッサージもしてみましょうか?」
そうとうしんどく見えたのでしょうね。(笑)

「何ですか、足ツボって?」
「足裏には内臓などにつながっているツボ
があって、そこを押すと、もの凄くラクになるんです。」

「本当ですか?」

「ええ。じゃあ、やってみたいです。」
それが、その後の私の人生、
運命を大きく変えるとは、そのときは
全く思いもよりませんでした。(笑)

その時の先生が、
日本で初めて足ツボ専門治療院を作った先生で、
台湾に何度も修行に行って
技術を習得した方だったのです。

なんとなく「すごい!」(笑)って思ってましたが、
びっくりしたのは・・・・
その翌朝!!
「自分の体じゃない?みたいに体がとても軽い!」
足ツボの効果ってすごい!と実感した瞬間でした。

その時は本当に驚きました。(汗)
その後も続けて足ツボ療法をやってもらったのが
良かったのでしょう。

身体がものすごくラクになり、
心にあったモヤモヤみたいなものも
解消され、以前とは比べ物にならないくらい
物事を明るくポジティブに考える事が
出来るようになりました。(笑)

心と体は別々ではないので、
体の疲れがピークになると
ポジティブに考えることなんてできませんね?

逆に、体が元気でエネルギーが
高い状態であればネガティブに
なることのほうが難しいですね?(笑)

「こんな気分になれたのは久ぶりかもしれない。
今までふさぎこんでいた自分がウソみたい。
私、どうしちゃったんだろう!」

当時、そう思えたのは、
体が元気になってきた証拠だと実感しました。
そして、いろいろと考えるうちに、
これは間違いなく、足ツボ療法のお陰だ、と思えてきて、
足ツボにだんだん興味を持つことになりました。(笑)

足ツボ療法の技術をマスターしてみたい!
足ツボが人生を変えてくれるかもしれない!
なんて・・・そんな大げさだったかどうか忘れましたが、(笑)
そんな期待感みたいなものが芽生えつつ
あったことを覚えています。
こうして、私は足ツボ療法のセラピストに
なるための第一歩をふみだしたのです!(笑)

つづく・・・

 

台湾式足裏・足ツボはすべてを知っている!?


こんにちは

台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義”
土田君枝(つちだきみえ)です。

今回は 「足裏はすべてを知っている!」
についてお話します。

身も心もヘトヘト。
しんどい・・・!
つらい・・・!

本当はゆっくり休みたい。
のんびりとくつろぎたい。
だれにでもそんな時、ありますよね?
でも、そうはいかない。

これが現実!

ただ、ここであきらめてしまっては
いけません!
体が壊れる方向にまっしぐらです。

現代人に心の疲れは確かにつきものですが
これからお話しする
”ある方法”をもってすれば、

あらかじめ心の疲れが
予防できると同時に
すでに心が疲労気味の
状態にあってもそれを改善!

回復の方向に導いていく
ことができるのです。

 これを風邪の予防にたとえて
考えてみると・・・
わかりやすかもしれません。

「今年の冬はインフルエンザが流行しそうだ」
そういうときみなさんならどうしますか?
私も含め・・・たいていの人はこんなことを
考えると思います。

「家に帰ったら、よくうがいをしょう。」
「手もよく洗わないとね」
「そうそう、外出するときはマスクをして行こう。」

では、風邪を引きかけた時は
どうでしょう・・・!

たいていの人は
「これ以上こじらせないようにしょう」
ということで・・・次のような対策を講じると思います。

「今日は温かくして早めに寝よう。」
「消化がよく栄養のあるモノを食べよう。」
「何か温かいモノでの飲もう。」

心の疲れも同じです。
ただ、風邪の場合と違って
やるべきことは一つだけ!

それこそが・・・・・!!
足ツボを刺激することなのです。

足ツボを刺激すれば
大なり小なり、痛みを感じます。
この痛みこそが重要で
それはとりもなおさず

”体(内臓器官)の疲労度”
を表しています。心の疲労は・・・
じつは内臓器官と直結していて

そこにつながるポイントを刺激することで
心の疲れを予防したり、
解消する事が出来るようになります。

そう!足裏はすべてを知っていて
私達が自覚していなくても
「こんなに疲れているよ。」
「もうヘトヘトだよ。」

という切なるメッセージを
痛みを通して発信しつづけているのです。

足からのメッセージを読み取り、
自覚して、大きな症状が出る前に
疲れを抑えてください。

仕事も無理せず、セーブしながら
痛みのある部分を意識して
毎日5分間刺激してください。
疲れが取れてきます。

回復したら、もっといい仕事ができますよ!

どこをどう刺激するか?

ゴルフボールで足裏全体をゴロゴロします。

そして、痛みの過敏なところ、気持ちのいいところ
を 意識してまずは片足5分ずつ刺激してみましょう。

毎日、継続することが大事です。
だんだん効果を実感できるようになるでしょう。

 

 

 

台湾式リフレクソロジー・足裏はあなたにメッセージを伝えている


こんにちは
台湾式足裏、足つぼセラピスト養成講座
”足つぼの奥義” 土田君枝(つちだきみえ)です。

体は正直で、どこかに
トラブルがあると教えてくれるという
すごい仕組みを持っているんです。

頭が痛かったり、
だるくなったり、
お腹が痛くなったり、
熱が出たり、と。

サインを送っているんです。

どこか悪い部分があると、
脳がそれをキャッチして
体の別の部分に投影するんです
足の裏に投影されたのが、
足裏反射療法。いわゆる足ツボなんです。

今回は、
”足裏はあなたにメッセージを伝えている”
というお話をします。

ここで私からみなさんに、
ちょっとお願いがあります。

部屋の中に居るなら・・・
敷居の段差の部分に足を
押し付けて見て下さい。

職場や学校にいる人は・・・
靴を脱いで階段の縁に足裏を
押し付けるだけでもかまいません。
どうです? 痛くありませんか?

部位によっては・・・
鈍痛を感じたり
鋭い痛みを感じたりするはずです。

なぜだかわかりますか?
足裏には・・・
内臓やその他もろもろの器官とつながって
いる”反射区”と呼ばれる
ツボが集約されています

button-only@2x 台湾式リフレクソロジー・足裏はあなたにメッセージを伝えている

反射区には内臓や各器官とつながっている
末梢神経が集中していて
その反射区を押したりもんだりするなどして
刺激すると それが脳を経由して
機能が低下している箇所に伝わり
痛みとなって現れる仕組みになっています。

つまり!
「あっ!痛い」というのは・・・
自分では自覚出来ていないかも知れない
けれど、

「あなたは、いま、この内臓が弱っていますよ」
「この器官の機能が低下していますよ」
という足裏からの一種のメッセージなのです。

しかも興味深いのは・・・
この反射区を押したりもんだりすると
そことつながっている内臓や器官が刺激を受け

血液循環が良くなり新陳代謝が高まるなどして
その機能が改善され
向上していくこと。

その結果
身体も回復していく。
元気になる!
健康が取り戻せるようになる!

これが足ツボ療法の原理なのです。
「たかが足つぼ・されど足つぼ」です。

是非、お試しあれ!

 

 

台湾式足裏・足つぼマッサージ・「足ツボの歴史 現代」


こんにちは
台湾式足裏・足ツボセラピスト養成講座
「足つぼの奥義」土田君枝です。

今回は、「台湾式足裏・足つぼ」の歴史現代に
ついてお話しします。

現代では、スイス人神父が
台湾でこの療法、
効果を知り
台湾全土に広め
一大ブームを巻き起こしました。

実は、その神父さんの
まな弟子が私の師匠(台北在住)なんですよ。
余談でしたね。(笑)

button-only@2x 台湾式足裏・足つぼマッサージ・「足ツボの歴史 現代」

その結果、
国内はおろか
シンガポール
香港
韓国など東南アジアにまで影響し
日本にその波が押し寄せてきたのは
記憶に新しいところです。

そして現在「足底反射療法」は
東洋医学と西洋医学
両方の歴史を持った
新しい時代の医療として
世界中で熱い注目を集めています。

ただ、実際は・・・
扱いが軽すぎますよね。(悲)
テレビやマスコミで取り上げられている
罰ゲームなどで使われるイメージは。

そうではなく、 東西両方の歴史を
もった優れた「療法」としての
足ツボが理解されてくる
ことを願うばかりですね。

現在、不定愁訴と呼ばれる
検査には現れず、異常なしと言われながら、
様々な症状を引き起こすもの。

検査にも現れなくて、異常もないのに
薬を飲むのは危険ですよね?

でも、胃が痛い、だるい、頭が痛い、眠れない
という症状はつらいですね。

こういったものには、絶対「足つぼ」です。
副作用もなく症状の軽減にも役立ちます。
こういった療法が今後ますます見直されますね。